logo

ハイブリッド機関車は2020年までの世界の鉄道産業で重要性を増す

米国の市場調査会社パイクリサーチ社は出版レポート「ハイブリッド機関車市場調査:タイプ別(ディーゼル/全電気式/発電セット/ハイブリッド)技術革新と市場成長促進要因、市場分析、2020年までの予測
- Hybrid Locomotives
」のプレスリリースにおいて、ハイブリッド機関車販売の市場成長はCAGR(年平均成長率)25.4%で、年間販売台数は170以上であるだろう、との予測結果を発表しました。

機関車は、大きなディーゼルエンジンを電気モーターの発生機(ジェネレータ)として使用する。さまざまなタイプの機関車のなかには、列車を動かすヤード当たりの二酸化炭素排出量削減効果が高いものもある。しかし、これらの機関車の多くがアイドリング状態のままだったり、またはしばしば発進したり停止したりするなど、非効率的に運転されている。新しい機関車は、gensetsと呼ばれる発電機セットによる複数のエンジンを搭載し、必要な発電量を提供してエンジンを切断することで、排出量を削減する。ジェンセット機関車は燃料を削減するが、次の革新は蓄積されたエネルギーを利用するハイブリッド機関車である。


米国の環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「ハイブリッド機関車市場調査:タイプ別(ディーゼル/全電気式/発電セット/ハイブリッド)技術革新と市場成長促進要因、市場分析、2020年までの予測 ー Hybrid Locomotives:Technology Innovations and Demand Drivers for Diesel and All-Electric Locomotives, Genset Locomotives, and Hybrid Locomotives: Market Analysis and Forecasts」は、ハイブリッド電気機関車の販売は、2015-2020年に世界の鉄道産業で増加するだろうと報告している。この期間に、ハイブリッド機関車の販売は、基本的なシナリオで、CAGR(年平均成長率)19.4%で成長し、2020年には年間販売数は100台を上回るだろう。積極的な予測シナリオによれば、市場成長はCAGR(年平均成長率)25.4%で、年間販売台数は170以上であるだろうとパイクリサーチ社は予測している。

【調査レポート】
ハイブリッド機関車市場調査:タイプ別(ディーゼル/全電気式/発電セット/ハイブリッド)技術革新と市場成長促進要因、市場分析、2020年までの予測
Hybrid Locomotives
Technology Innovations and Demand Drivers for Diesel and All-Electric Locomotives, Genset Locomotives, and Hybrid Locomotives: Market Analysis and Forecasts
リンク

◆米国市場調査会社 パイクリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事