logo

ビデオエンターテインメント産業は、新しいOTTサービスとビジネスモデルによる収益で、従来の収益減の相殺を図る

米国の市場調査会社インスタット社は出版レポート「デジタルエンターテインメント市場調査:ビデオ産業の収益モデルと市場予測 - The Battle for OTT Video: Redistributing Video Industry Dollars
」のプレスリリースにおいて、オンラインビデオオンデマンド加入者の収入は、2014年に35億ドルに近づくだろう、との予測結果を発表しました。

従来から、ビデオエンターテインメント産業は、テレビの創成期からビデオ録画の発明にいたる、重要な技術革新に順応してきた。インターネットベースの映像サービスと、テレビや映画のオンデマンド視聴が普及してきたために、従来の収益の流れが影響をこうむり始め、ビデオエンターテインメント産業はまたしても変化を受け入れる時を迎えていると、米国調査会社インスタット社は報告している。「新サービス」やライセンスモデル、関連するビジネスモデルを滞りなく受け入れるためには、成功の確約のない試行錯誤の繰り返しとなるだろう。



「テレビコンテンツのオンデマンド視聴によって映像ディスクの小売り販売が低迷し、有料テレビが解約されるという脅威から、ビデオエンターテインメント産業は大きな変化の時を迎えている。新しいビジネスモデルが登場し、勝者と巨万の富を失う危機に瀕する敗者とに分かれるだろう。この調査レポートは、映像産業のバリューチェーンにある企業が受ける収益への影響を、冷静なシナリオで特定している」と、インスタット社のアナリストKeith Nissen氏は語る。



この調査レポートは、下記についても調査した。
●2009年の有料テレビのオペレータ収入は930億ドルだったが、テレビ視聴がより細分化され、視聴料金の月額が上昇するために、テレビオペレータは解約のリスクを冒すことになる
●HBOやShowtimeなどのプレミアムチャンネルは、映画の使用権はもちろん、オンライン動画加入サービスや加入者の支出においても競っている
●テレビ放送の広告収入は、有料テレビからオンラインコンテンツへの移行に伴い、緩やかに下降している
●ビデオディスクの小売り販売は、2009-2014年に46億ドル減少するだろう
●オンライン動画購入やレンタルの電子販売の登場で、今後5年間にデジタルエンターテインメント産業は大きく変化するだろう
●オンラインビデオオンデマンド加入者の収入は、2014年に35億ドルに近づくだろう



インスタット社の調査レポート「デジタルエンターテインメント市場調査:ビデオ産業の収益モデルと市場予測 ー The Battle for OTT Video: Redistributing Video Industry Dollars」は、今日のビデオエンターテインメント産業の背景にある経済的要因を概観している。
●劇場興行収入、ホームビデオ、有料テレビ、プレミアムテレビチャンネル、放送ネットワーク、オンラインビデオ、ビデオディスクレンタルなどのそれぞれの市場セグメントの2009年の収入と支出総額
●主要な3つのシナリオが、収入と利益という点から評価できる。すなわち、アップルの99セントiTuneビデオレンタル、DVDやブルーレイなどのディスクの売上げにかわるものとしてのオンラインテレビ、そしてさらに将来性が高いと見られる有料ビジネスモデルおよびそれらに影響を与えるもの、の3つである
●この調査から導き出されるそれぞれのビデオエンターテインメント市場セグメントの5年間の予測



この調査レポートは、インスタット社の「Multimedia Broadband Infrastructure Information Service」の一環であり、インターネットビデオ、対話型広告、コンテンツ配信ネットワーク(CDN)、双方向番組ガイドなどのデジタルエンターテインメントネットワークとビジネスモデルの変容をわかりやすく分析している。


【調査レポート】
デジタルエンターテインメント市場調査:ビデオ産業の収益モデルと市場予測
The Battle for OTT Video: Redistributing Video Industry Dollars
リンク

◆米国市場調査会社 インスタット社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。