logo

フロントパネルタイプの新しい発想。80型から200型までをフルカバーする、スーパーフラットな新型プロジェクタースクリーン、オーエススクリーンから新登場。

株式会社オーエス(本社:大阪、代表:奥村正之)は、プロジェクタースクリーンの使用環境の変化や映像機器の進化に伴い、環境と使いやすさを両立させる新型スクリーンとして、フロントパネルタイプのスーパーフラットな新型スクリーンを、11月中旬より全国新発売いたします。フロントパネルという発想により、厚みを感じさせないスーパーフラットなフォルムを採用し、圧迫感なく部屋に自然に収まるデザインを完成させました。
株式会社オーエス(本社:大阪、代表:奥村正之)は、プロジェクタースクリーンの使用環境の変化や映像機器の進化に伴い、環境と使いやすさを両立させる新型スクリーンとして、フロントパネルタイプのスーパーフラットな新型スクリーンを、11月中旬より全国新発売いたします。新型スクリーンは、従来の様々なタイプのスクリーンを整理統合し、フロントパネルというコンセプトの下、80型から200型までをフルカバーする、バリエーションに富んだ商品展開になり、半世紀にわたるオーエススクリーンの歴史を凝縮したスクリーンです。
 アルミ巻取りパイプの径を拡大することにより、スクリーンの命である平面性がさらに高まりました。それに伴い必然的に大型化する筺体を、フロントパネルという発想により、厚みを感じさせないスーパーフラットなフォルムを採用し、圧迫感なく部屋に自然に収まるデザインを完成させました。
新型スクリーンはその用途から、パネルタイプの「Pセレクション」、ボックス埋め込み型「Tセレクション」、アルミボックス一体型の「Bセレクション」の3つのタイプにカテゴリー分けをしています。株式会社オーエスでは、文教市場、オフィスの会議用からホームシアター用まで、今後のスクリーンラインナップの主力商品として、ユーザーの皆様のご愛顧を期待しております。

■製品名: プロジェクタースクリーン 「Pセレクション」「Tセレクション」「Bセレクション」
■発売日: 11月中旬
■本体価格: オープン

■用 途  文教市場の視聴覚用機材/ ミーティング・会議用/舞台・講堂の大型スクリーン/プロジェクターホームシアター用スクリーン
■特 長
1)フロントパネルタイプのスタイリッシュでスマートなデザイン(Pセレクション)
2)下パイプは本体にぴったり収納、フラットな収納感を実現
3)80型から200型までカバーするワイドバリエーション
4)スクリーン引出停止位置の設定(リミット)は、リモコンと壁スイッチ双方で設定可能。(電動のみ、業界初)
5)手動スクリーンにはスプリング巻上げ機構を開発し、ロータリーダンパーを搭載、従来製品よりも29%の静音性を実現。
6)拡散型ホワイト、回帰型ビーズ、反射型パールの各種スクリーン、フルハイビジョン対応ピュアマットIIplus※等6種のスクリーン生地を用意
7)従来機種よりも太径の巻取りローラーを採用。さらに平面性が向上
8)電動タイプ、手動タイプの2種の巻き上げ機構を各カテゴリーにそれぞれ設定
9)フロントパネルはホワイトとブラックの2色から選択可能
10)取り付けはスライディングブラケットを標準装備、サイドブラケットをオプション設定(Pセレクション)
11)電動タイプは操作機構をモジュラー仕様と端子台仕様の2種から選択可能
12)露出設置の他、特製ボックス設置や、アルミボックス一体型タイプなど、あらゆるシーンを想定した6機種3000以上のバリエーションを完成。
※ピュアマットは(株)オーエスの登録商標です。


■主な製品バリエーション
製品名: 未定(スーパーフラットな新型スクリーン)
電動型式(E)、手動型式(M)ともに:  Pセレクション:フロントパネルタイプ
                       Tセレクション:ボックス設置などに適応したパネル無しタイプ
                       Bセレクション:アルミボックスをセットしたタイプ
対応生地: 拡散型ホワイト、ピュアマットIIplus、回帰型ビーズ、ウルトラビーズプレミアムグレー、反射型パール
その他製品バリエーション : 環境VOC対策スクリーン
規格サイズ : 80,90,100,110,120,130,140,150,160,170,180,190,200
アスペクト比 : NTSC(4:3)、HD(16:9)、WXGA(16:10)、シネスコ(2.35:1)
取り付け方法 : ・スライディングブラケット(サイドブラケットオプション):Pセレクション
           ・サイドブラケット:Tセレクション
・アルミボックス一体型:Bセレクション
フロントパネル色 :  ホワイト、ブラック(Pセレクションのみ)


■法人向け販売元・お客様問合せ先
株式会社オーエス コンタクトセンター 担当:業務推進チーム
電話:フリーダイヤル 0120-380-495   FAX:フリーダイヤル 0120-380-496
※接続できない場合は、次の番号をご利用ください。 TElL.03-3629-5211 FAX.03-3629-5211








URL リンク  E-mail  info@os-worldwide.com

■広報お問合せ先・ニュース発信者
株式会社オーエス マーケティングチーム
藤枝 昭
東京都足立区綾瀬3-25-18 TEL.03-3629-5356 FAX.03-3629-0990
リンク  E-mail:a.fujieda@os-worldwide.com


■株式会社オーエス 会社概要
名称:株式会社オーエス リンク
本社:大阪市西成区南津守6-5-53オーエス大阪ビル
本部:東京都足立区綾瀬3-25-18オーエス東京ビル
創業:昭和28年4月
資本金:4608万円
代表者:代表取締役 奥村正之
事業内容:オーエススクリーンのブランドで文教・企業向けに数多くの製品を提供。
スクリーンばかりでなく、プロジェクター、フラットディスプレイハンガー等を活用したコミュニケー
ションシステムの構築。ウォールバック開閉や、ハンガー・バトン昇降・カーテン開閉などをはじめと
した装置類の開発・設計・施工からトータルコントロールシステムまで、一貫したソリューションを提供
する。
営業所:仙台、首都圏、新潟、名古屋、北陸、京都、大阪、広島、福岡
北海道地区販売代理店:東和E&C株式会社
沖縄地区販売代理店:株式会社オーエス沖縄黒板
中華民国販売代理店:喜摩祖賃(北京)有限公司
■関連企業
株式会社オーエスエム 本社:兵庫県宍粟市
株式会社オーエスプラスe 本社:東京都足立区
株式会社オーエス沖縄黒板 本社:沖縄県中頭郡
OSI CO., LTD.:Hong Kong
■日本総販売代理店
OPTOMA社(台湾)/ 世界NO1のシェアを持つDLPプロジェクターメーカー
SCREEN RESEARCH社(フランス)/ THX、ISF公認のサウンドスクリーンメーカー
VORGEL’S社(オランダ)/フラットディスプレイなどのスタイリッシュハンガーメーカー
AV Stumpfl社(オーストリア)/画像処理ソフトに世界的評価の高いメーカー
EASTONE社(日本)/国産唯一のTHX認定スクリーン、ecoスクリーンを開発する国内メーカー

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。