logo

アドウェイズ、スマートフォンアプリ向けの 成果報酬型広告サービス「AppDriver」を提供開始

株式会社アドウェイズ(本社:東京都新宿区/代表取締役:岡村 陽久)は、スマートフォンのアプリデベロッパー向けに、アプリの収益化を支援するリワード広告と、成果報酬型のユーザー獲得機能を持つ広告サービス「AppDriver」の提供を開始いたします。

「AppDriver(アップドライバー)」 について リンク

■ リワード広告
スマートフォンアプリの収益化を図ります
AppDriverのユーザー獲得サービス「CPI Promotion」に出稿しているアプリの広告を用い、各アプリデベロッパー用のリワード広告(※)システムを提供するサービスです。また、アプリ広告のみでなくPC向けの広告も掲載可能です。
※リワード広告
アプリを利用するユーザーが、アプリ内の広告にて、新規アプリへの登録やスポンサーサイトでの商品購入など、アクションを起こすことで、そのアプリ内で使う通貨やポイント、アイテムを得る仕組みのこと。

■ CPI Promotion                               
アフィリエイト形式にて、アプリユーザーを獲得します       
AppDriverのリワード広告を導入し、広告掲載しているアプリにおいて、CPI(Cost Per Install)で広告出稿を行うことができます。

AppDriverを導入することで、アプリデベロッパーは、「集客」と「収益」両機能の仕組みをワンストップでご利用いただくことができ、急拡大するスマートフォン市場において、先駆けて自社アプリの認知度を上げ、ユーザー数を伸ばし、マネタイズしていくことが可能となります。

□■□株式会社アドウェイズについて リンク
2001年設立。PCアフィリエイトプログラム「JANet」の運営をはじめ、国内最大級の広告主を有するモバイルアフィリエイトプログラム「Smart-C」の運営、メディアの企画・開発・運営など多彩な事業を展開。子会社の愛徳威広告(上海)有限公司においては中国でのインターネット広告事業を展開。2006年に東証マザーズ上場。

本件に関するお問合わせ先 ----------------------------------------------------
株式会社アドウェイズ 
担当者:広報 藤崎さえ子

このプレスリリースの付帯情報

サービスロゴ

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。