logo

iモード公式サイト「WORLDゲーム城」にて 中世ヨーロッパを舞台としたリアルタイム町作りシミュレーションの最新作! 『タウンズメンR』を配信!!

株式会社ワーカービー(東京都千代田区、代表取締役:加藤祐司)は、株式会社NTTドコモのiモードにて提供中の公式サイト「WORLDゲーム城」(ワールドゲームキャッスル)にて、11月1日より『タウンズメンR』の配信を開始しました。

【概要と主な特長】
■タウンズメンRの概要
中世ヨーロッパがゲームの舞台。プレイヤーは国王の圧政に苦しむ民を救うために立ち上がった地方貴族の領主。町を作り上げ、王国軍を打ち破り、民を救うことができるのか。
ゲームシステムはリアルタイムストラテジーを採用。迷っている間にもゲームは進行していく。素早い判断と、町作り計画が重要なポイントとなってくる!

プレイヤーは領民の食料を確保するために魚を釣り、農場で肉を生産し、パンを焼く。そして農場や鉱山、木こり小屋などを建設して資材を集めよう。ストーリーが進むにつれて徐々に対立が深くなる王国軍に対応するため、兵舎やカフェを建設して部隊を整えなければならない。

頼りになる妖精のシルヴィや口は悪いが的確なアドバイスをくれるリスのローズなど、個性豊かなキャラクターと共にあなただけの町を作り上げていこう!

■主な特長
タウンズメンRには「ストーリーモード」と「エクストラモード」の二つのモードがあります。

ストーリーモードではストーリーに沿って、自分の領地で町作りの基礎を学ぶところから始まります。プレイヤーを導いてくれる不思議な妖精や、ゲームのルールや仕組みを教えてくれるペットであり友人でもあるリスと一緒に、圧政に苦しむ民を救うため、立派な領主を目指しましょう!

エクストラモードでは、与えられた難易度の高い指令をクリアしていく「チャレンジモード」、ストーリーモードをクリア後に遊べる「サブストーリーモード」が用意されています。

■グラフィックとサウンド
描きこまれた施設、資材を運んでいくミニキャラや個性豊かなキャラクター達。見ているだけで楽しくなるグラフィックとアニメーションがゲームを盛り上げます。
また、中世ヨーロッパの世界観を表現した流麗なサウンドの数々は必聴です。

(c) 2000-2010 www.handy-games.com GmbH
(c)Worker Bee Inc.

■主な仕様
○対応機種
FOMA703iシリーズ以降/FOMA903iシリーズ以降(一部機種を除く)
○料金
ポイント制:月額315円(300ポイント)/月額525円(500ポイント)
本アプリは400ポイントです。
○アクセス方法
iMenu > メニュー/検索 > ゲーム > ミニゲーム > WORLDゲーム城

※「iモード」「FOMA」は株式会社NTTドコモの登録商標です。
※会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
―――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ワーカービー 担当:小川
Tel/Fax: 03-3237-0233 e-mail: info@livinggames.jp
〒102-0074 東京都千代田区九段南 4-6-10 近清堂ビル 5F
リンク
―――――――――――――

このプレスリリースの付帯情報

タウンズメンR

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

■「Living Games」および「WORLDゲーム城」概要
リンク(PC、ケータイ共通)
NTTドコモ、au、ソフトバンクモバイル、ウィルコム、イー・モバイルの国内各キャリア向けにサービスを行なっております。
国内に限らず海外で大ヒットを記録し高評価を得ているゲーム、もしくはゲーム性の高いコンテンツを収集し、当社のノウハウを加え、日本で配信しています。また、高品質なFlashコンテンツを無料で提供するLiving FLASHは、配信中のアプリをモチーフとしたものや、サッカー関連やシーズン毎の待受FLASH等、充実した内容となっています。

■株式会社ワーカービー概要 リンク
株式会社ワーカービーは、モバイル端末の開発を行っていたチームが中心となり、2003年11月に設立しました。ゲームなどのコンテンツ開発にとどまらず、海外コンテンツの国内配信移植および配信サポート、また楽天証券様の「iSPEED」、カラージップ様の「ColorCode Reader」といったビジネス向け携帯アプリの開発を積極的に展開しています。

■Handy Games社概要  リンク
Handy Gamesはドイツ、ギーベルシュタトとルーマニア、ブカレストにオフィスを持ち、携帯ゲームやWAP技術開発を行っています。2000年の創立以降、携帯ゲーム機と携帯電話用ゲームについて豊かな開発実績をもち、この分野のマーケティングリーダーとして発展を続けています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事