logo

【レポート販売】「家庭で見たい3D映像と3D対応機器のニーズ調査」

~3D映像体験者500人アンケート~

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐幹 東京都中央区)は、エレクトロニクス・ITと医薬・医療・バイオ分野を中心に様々な調査を行っている株式会社シード・プランニング(代表取締役 梅田佳夫 東京都台東区)が提供する「家庭で見たい3D映像と3D対応機器のニーズ調査」を販売開始しました。

報道関係者各位

平成22年11月1日
株式会社クロス・マーケティング
(東証マザーズ 3629)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「家庭で見たい3D映像と3D対応機器のニーズ調査」を販売開始

~3D映像体験者500人アンケート~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐幹 東京都中央区)は、エレクトロニクス・ITと医薬・医療・バイオ分野を中心に様々な調査を行っている株式会社シード・プランニング(代表取締役 梅田佳夫 東京都台東区)が提供する「家庭で見たい3D映像と3D対応機器のニーズ調査」を販売開始しました。
詳細URL:リンク


■■ 商品概要 ■■

◇体験した3D映像の満足度、今後の3Dへの期待は?
◇家庭で見たい3D映像(映画、スポーツ、音楽ライブ・・・)と望まれる視聴方法(放送、VOD、動画配信、BD、レンタル・・・)は?
◇家庭用3D対応機器(テレビ、パソコンなど)への関心度・購入意向は? 裸眼3Dへのニーズは?

映画「アバター」のヒット以来、3Dの話題が増えてきました。スカパー!HD、ひかりTV、J:COM等では3D番組生放送やVODサービスを開始しました。また、4月にパナソニックが3D対応テレビを発売したのを皮切りに、国内テレビメーカーの製品も出揃うほか、3D対応パソコンや、デジカメ、ビデオカメラなどの各種の家庭用3D対応機器も市場に投入されています。

このように、家庭でも3Dを楽しめる環境が整いつつある今、本調査では、劇場等で専用メガネを装着して3D映像を体験したことのある人を対象にアンケート調査を行います。家庭で3Dを楽しみたいというニーズはどの程度あるのか、どのような条件が整えば家庭で3Dを見たくなるのか、家庭で見たい3Dコンテンツは何か、裸眼3Dのニーズはあるのか、家庭用3Dテレビの潜在需要はどのくらいあるのか、等を探ります。

この調査は、機器メーカーの皆様や放送・映像配信・エンタテインメント関連ビジネスに携わる皆様にお役に立ちます。


■■ 調査概要 ■■

【調査対象】
有効回答500サンプル
(劇場等で専用メガネを装着して3D映像を体験したことのある人)
 全国/16歳以上の男女

【主な調査項目】
・メガネを装着しての3D映像体験と満足度
・身体への影響(視聴後の疲労感など)
・家庭での3D映像視聴意向と視聴形態
・3D対応機器の選択(種類、画面サイズ、3Dの追加コスト、購入時期)
・3D機器やコンテンツについての認知状況
(専用メガネが必要、2D/3D変換機能、裸眼3Dテレビが登場する予定、
3D専門chがある、地上波の3D番組予定はない・・・)
・家庭で3D映像を見たくなる条件
・家庭で見たい3D映像のコンテンツジャンル
・3D映像の視聴方法(放送、VOD、動画配信、BD、レンタル・・・)
・3Dハイビジョン画質へのニーズと追加コスト
・裸眼3Dに対応して欲しい機器
(テレビ、パソコン、フォトフレーム、ゲーム機、デジカメ、携帯電話・・・)
・今後の3Dへの期待度と発展のイメージ

<クロス集計>
・視聴意向×全項目
・有料多チャンネルサービス利用の有無×全項目
・3D映画体験の有無×全項目

【調査期間】
2010年8月~9月
 ・実査:9月10~14日 → 中間報告(単純集計結果速報) → 9月末 最終報告&納品

【調査方法】
Webアンケート


■■ 資料目次 ■■

「家庭で見たい3D映像と3D対応機器のニーズ調査」調査概要
サンプルの基本属性
サンプルのメディア環境

まとめ
 3D映像体験
 体験した3D映像の満足度
 3D映像の魅力
 3Dメガネと視聴後の疲労について
 家庭での3D視聴意向・視聴形態
 3D対応機器の選択・追加コスト・購入時期
 3D対応機器やコンテンツについての認知状況
 家庭で3D映像を見たくなる条件
 家庭で見たい3D映像のコンテンツジャンル
 3D化して見たいコンテンツ
 3D映像の視聴方法
 3Dハイビジョン画質のニーズと追加コスト
 裸眼3Dの関心
  ①家庭用裸眼3D対応機器
  ②街頭の裸眼3D
今後の3Dへの期待度と発展のイメージ
次期購入テレビと3Dの優先度

家庭用3Dテレビの潜在需要と普及にむけての考察

想定されるターゲット層の特徴


■■ 商品詳細 ■■

商 品 名:家庭で見たい3D映像と3D対応機器のニーズ調査
発 刊 日:2010年9月30日
発   行:株式会社シード・プランニング
販   売:株式会社クロス・マーケティング
判   型:CD-ROM
頒   価:199,500円(本体価格190,000円、消費税9,500円)
※別途送料500円


詳細URL:リンク

【お申し込み方法】
上記URLよりお申し込みください。


■■株式会社クロス・マーケティングについて■■

株式会社クロス・マーケティングは、国内130万人超の大規模モニターを軸に、生活者の「生」の声を主にインターネットを活用して収集するマーケティングリサーチ会社です。
生活者の嗜好の多様化や、商品サイクルの短期化に対応するため、ネットリサーチの優位性である「スピード」「コスト」に加え、「品質」を最大限に重視したリサーチサービスを展開しています。
調査企画から設計、実査、集計・分析レポートまで、マーケティングリサーチに関するあらゆるサービスをトータルにサポートいたします。


■■株式会社クロス・マーケティング会社概要■■

名称:株式会社クロス・マーケティング
本社所在地:東京都中央区銀座8丁目15番2号銀座COMビル6F
代表者:代表取締役社長 五十嵐 幹
設立:2003年4月
URL:リンク


■■ 本件に関するお問い合わせ先 ■■

株式会社クロス・マーケティング
Cross Shop 販売窓口担当

Tel:03-3549-1319
Fax:03-3549-0221
Mail:cs-info@cross-m.co.jp

※NS-Shopは、2010年10月1日にCross Shopへと
サイト名を変更いたしました。
今後とも引き続きご愛顧賜ります様、宜しくお願い申し上げます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事