logo

Saint-Gobain Performance Plastics社、パワートレインソリューションをさらに容易に

London, Oct 29, 2010 - (JCN Newswire) - 革新的な高機能材料(HPM)の設計・製造・流通のグローバル大手企業で、国際的な大規模OEM向けサプライヤのSaint-Gobain Performance Plastics社は、同社のRENCOL(R)トレランスリングおよびNORGLIDE(R)自己潤滑性軸受技術により、パワートレイン設計者に、スペース節約や、長期間のサービス寿命にわたって信頼できる保守不要の操作など、決定的な優位性を提供します。


製品自体により提供される利点に加えて、お客様は、製品仕様から、設計、製造、サイトや製品ラインへの配送など、あらゆるレベルの技術サポートを受けることができます。Saint-Gobain Performance Plastics社は、強固なプロセスにより、お客様とのビジネスが円滑に行えるようにしながら、お客様が製品・サービスを最大限に活かせるように、お客様と緊密に協業することをコミットしています。


Saint-Gobain Performance Plastics社の製品は、デカップリングプーリ、ベルトテンショナ、およびデュアルマス・フライホイール(DMF)などのパワートレイン機器に使用できます。


デカップリングプーリには、NORGLIDE(R)軸受により、摩擦の軽減、保守不要の作動、騒音・振動・ハーシュネス(NVH)改善などの利点を提供します。金属のような動きをする他の金属ポリマーベースの設計と比べて、NORGLIDE(R)軸受のポリテトラフルオロエチレン(PTFE)層は非常に厚くなっていますので、コンポーネント全体がプラスチック材料のように動き、NVHの減少ができます。 デカップリングプーリに使用された場合、RENCOL(R)トレランスリングは、組み立てを簡素化し、トルク過負荷保護を提供します。


ベルトテンショナでは、揺動運動の激しい環境でNORGLIDE(R)軸受を使用することにより、ベルト駆動系の伸張状態をよりよく保ちます。デュアルマス・フライホイールでは、NORGLIDE(R)軸受は、摩擦係数を低く保ち、わずかなずれも補正します。


RENCOL(R)トレランスリングは、はめ合い部品の間に圧入される精密なスプリングファスナです。コンポーネントを固定させるだけでなく、熱膨張の補正、アセンブリの共鳴振動の修正、予想可能で反復可能性のあるトルク過負荷の保護など、さまざまな機能も提供します。


NORGLIDE(R)軸受は、どれも多くの用途に対応しています。基本的構造の滑り軸受は、摩擦面がフッ素重合体でできており、軸受ジオメトリとフッ素重合体材料の構造を調整することにより、特定の用途に容易に最適化させることができます。


Saint-Gobain Performance Plastics社には、さまざまな研究開発およびテスト施設がありますので、材料・プロセスの最新技術を最大限に活用することができます。そのため、製品やソリューションのすべてを、信頼性の高い方法で、ユーザー要件に完全に対応させることができます。


Saint-Gobain Performance Plastics社の機器・製品・ソリューションにはすべて、魅力的な価格、プロトタイプおよび製品版の両方で信頼できる迅速な納品、お手軽に利用できる専門家の技術サポートなどの利点がありますので、ユーザーは、製品のコスト削減、性能の最適化、開発期間の最短化などに役立てることができます。


詳しい情報は www.bearings.saint-gobain.com をご覧ください。


編集者向け注記:
サンゴバン社は、革新的な高機能材料(HPM)の設計、製造、流通で業界をリードするグローバル企業で、従業員数は世界各国で191,500人以上です。64か国以上で事業を行っているサンゴバン社は、同社は世界の工業会社トップ50社にランク入りしており、従業員数では世界第60位です。サンゴバン社はまた、パリ・ロンドン・フランクフルト・チューリッヒ・ブリュッセル・アムステルダムの証券取引所に上場しています。詳しい情報は www.bearings.saint-gobain.com をご覧ください。


お問い合わせ窓口の電話番号は+44 (0)1582 878870です。


お問い合わせ先:
技術PR
Emma Hills
+44 (0)1582 878878
+44 (0)1582 878855 (FAX)
ehills@technical-group.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事