logo

パイオニア、デジタルフォトフレーム『HAPPY FRAME』6機種を発売

Kawasaki, Oct 26, 2010 - (JCN Newswire) - パイオニア(TSE:6773)は、写真のスライドショーとヒーリングサウンドをミックス再生できるデジタルフォトフレーム『HAPPY FRAME』、7型液晶タイプ4モデル、8型液晶タイプ2モデルを発売します。


デジタルカメラやカメラ付携帯電話の普及にともない、撮影した写真を手軽にスライドショーで見ることができるデジタルフォトフレームを使用する方が増えています。


本モデルは、小鳥のさえずりや波の音など10種類のヒーリングサウンドと、写真のスライドショーをミックス再生して楽しめます。また、「HF-A726-PF」「HF-A727-WF」の2モデルには、写真が浮き出て見える特殊加工を施した「フローティングフレーム」を採用しました。


当社は、デジタルフォトフレームを使用した、“写真のある空間を楽しむ”という新しいライフスタイルを提案していきます。


主な特長
1)スライドショーとヒ-リングサウンドをミックス再生できる「サウンドスケ-プ機能」搭載
写真のスライドショーと内蔵の10 種類のヒーリングサウンドをミックス再生できるので、小鳥のさえずりや波の音など、さまざまなヒーリングサウンドを聴きながらスライドショーを楽しむことがきます。


2)写真が浮き出て見える「フローティングフレーム」を採用(HF-A726-PF、HF-A727-WF)
「HF-A726-PF」「HF-A727-WF」の2 モデルには、特殊加工を施した「フローティングフレーム」を採用しており、フレーム部の視覚効果により、再生している写真が本機から浮き出て見えます。


3)2GBのメモリーを搭載し、大容量写真データの保存にも対応
300万画素の写真を約4,000枚保存できる大容量メモリーの搭載により、本機をデジタルアルバムとして使用することができます。また、最大6400万画素(再生画素数)の大容量写真データでも画質を落とすことなく内蔵メモリーに保存し、スライドショーで再生可能です。


4)LEDバックライトの液晶パネルを採用し、自動オン/オフタイマーも搭載した省エネモデル
全モデルに、消費電力の少ないLEDバックライトの液晶パネルを搭載しています。また、自動オン/オフタイマーで就寝や外出など本機を使わない時間帯を設定すれば、消費電力を抑えることができます。


5)その他の特長
- デジタルカメラで撮影したMotion JPEG形式の動画やMP3/WMA 形式の音楽再生が可能
- 16種類のスライドショーエフェクトパターンや4分割表示、カレンダー、時計の表示など多彩な表示が可能
- 縦置き、横置き、壁掛けに対応


商品名:7型デジタルフォトフレーム
型番(カラー):HF-A720-K(ブラック)、HF-A725-W(ホワイト)、HF-A726-PF(ピンクフローティング)、HF-A727-WF(ホワイトフローティング)
希望小売価格:オープン価格
発売時期:11月中旬


商品名:8型デジタルフォトフレーム
型番(カラー):HF-A820-K(ブラック)、HF-A825-W(ホワイト)
希望小売価格:オープン価格
発売時期:12月上旬


主な仕様など詳細は下記URLをご参照ください。
リンク


概要: パイオニア株式会社
詳細は リンク をご覧ください。


この製品に関するお問い合わせ先
お客様:パイオニアコミュニケーションズ お客様相談室
東日本地区:埼玉県所沢市 TEL:04-2949-5131
西日本地区:大阪府大阪市 TEL:06-6533-0099
FAXでのお問い合わせ:04-2949-5501

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事