logo

Google Apps(TM)拡張ガジェット「feedpath Gadget」、スカイライト コンサルティングが全社導入!

~ feedpath Gadgetのグループカレンダー機能が導入決定要因に ~

クラウドからビジネスアプリケーションを提供するフィードパス株式会社 (本社: 東京都港区 代表取締役社長CEO: 津幡 靖久 以下、フィードパス)は、Google Apps(TM)を拡張するガジェット「feedpath Gadget(フィードパス ガジェット)」を提供しています。スカイライト コンサルティング株式会社(本社: 東京都港区 代表取締役: 羽物 俊樹 以下、スカイライト)はGoogle Appsの導入と併せて「feedpath Gadget」を全社導入したことを正式に発表します。

 「feedpath Gadget」とは、Google Appsの利用者様を対象に提供している、Google カレンダーをグループ利用向けに機能拡張するガジェットです。リリース後1ヶ月で1万ユーザーを突破し、Google Appsのお客様には非常にニーズの高いサービスです。そこで、初の導入事例としてスカイライトが135アカウントで全社導入したことを発表します。

【導入背景】
主にビジネスコンサルティング事業を行うスカイライトは、大規模向けグループウェアを自社で運用し、そのスケジュール機能を活用していました。

■問題1 
~自社運用によるグループウェアの限界、アクセシビリティの高いGoogle Appsの導入検討へ~

スカイライトでは、グループウェアを社内のサーバで自主運用していたため、社外からのアクセス方法や使用するデバイスに制約がありました。このため、社外で業務を行うコンサルタントから「 スケジュールはどこからでも手軽に見たい」とのニーズが挙がっていました。また、ビルの定期メンテナンスによる停電や、機器障害の可能性を排除できないことから、24時間365日の運用は難しい状況でした。そこで、クラウドサービスを利用し、PCやスマートフォンなど多様なデバイスからアクセスすることを検討しました。その結果、スケジューラに関しては、アウトソーシングすることによる品質低下やセキュリティのリスクが極めて少なく、近年ではむしろ向上するケースも多いことから、Google Apps Premier Editionの導入する方針に至りました。

■問題2 
~慣れ親しんだグループカレンダー機能がないGoogle Apps~

Google Appsの導入によって、社外からでも手軽にスケジューラにアクセスでき利便性の向上は期待できますが、慣れ親しんだ”グループ”括りでメンバーの予定を一覧で表示できる機能がないという新たな問題が発生しました。その為、スカイライトはGoogle Appsの導入検討と合わせ、サードパーティによるカレンダーソリューションをいくつか検討したところ、専用画面に別途ログインが必要でアカウントの二重管理が発生したり、しっかりとした画面の作り込みにより動作が緩慢になっていたりとスカイライトの求めるソリューションは見つかりませんでした。SIerの提案にとどまらずソリューション調査を進め、「feedpath Gadget」を知ることとなりました。

【feedpath Gadget導入決定理由】
~Google Apps Premier Editionの導入決定を後押ししたのは「feedpath Gadget」の存在~

「feedpath Gadget」は導入・利用方法が簡単な上、グループカレンダーの一覧性の高さと手軽さから、導入の意思決定はスムーズに進みました。さらに、Google Appsにないグループカレンダー機能だけをシンプルに補っている点について、効率的に問題解決を図ることが可能であると評価しました。これにより、スカイライトはGoogle Apps Premier Editionを導入し、併せて「feedpath Gadget」の全社導入に至りました。

・シンプルで利便性の高い機能が魅力的(グループカレンダーの見易さ)
・導入コスト、管理コスト不要(別途ログインの必要がないため、アカウントの二重管理が不要)
・情報セキュリティ的に評価(Appsのデータを持たないシンプルなアプリケーション設計)


■「feedpath Gadget」について【 リンク
「feedpath Gadget」は、Google Appsで提供されているGoogle カレンダーをグループ利用向けに機能拡張するガジェットです。Google Apps Marketplaceから登録することで、Google Appsのユニバーサルナビゲーションに統合されシームレスに利用可能です。これは主にGoogle カレンダーのグループ機能強化を目的として設計されています。

■フィードパス株式会社について【 リンク
フィードパス株式会社は、クラウドからビジネスアプリケーションを提供するリーディングカンパニーです。組織内における効果的で価値が高い情報共有を支援するアプリケーションソフトウェアの企画・開発・販売・運用を主に行っています。お客様に最適なサービスを最速でご利用いただくため、これまでのパッケージ型アプリケーション提供ではなく、お客様のニーズに応じオンデマンドでクラウドからアプリケーションを提供します。

■スカイライト コンサルティング株式会社について 【 リンク
顧客企業の経営課題を解決するため、ビジネスとITの専門知識を駆使したコンサルティングサービスを提供。経営情報の可視化とプロジェクト推進力を強みとしており、顧客との信頼関係のもと、機動的かつ細やかな支援を提供することで知られています。顧客企業は一部上場企業からベンチャー企業まで多岐に渡り、製造、流通・小売、情報通信、金融・保険、官公庁などの幅広い分野で多数のプロジェクトを成功に導いています。

■参考情報
・feedpath Gadget on Google Apps Marketplace 【 リンク
・スカイライト コンサルティング様 導入事例サイト【 リンク

■お問い合わせ先
フィードパス株式会社 広報担当 西川 
東京都港区北青山2-7-26 フジビル28 2階 CROSS COOP内
TEL:03-4530-0555  
MAIL:fp-relations@feedpath.co.jp  Twitter:@feedpath

※「Google」ならびに「Google Apps(TM)」「Google Apps Marketplace」は、Google Incの商標または登録商標です。
※その他、社名、製品名などはすべて各社の商標または登録商標です。

このプレスリリースの付帯情報

feedpath Gadget

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。