logo

スマートグリッドのマネージドサービス市場は、2010年から2011年に75%成長

米国の市場調査会社パイクリサーチ社は出版レポート「スマートグリッド管理サービス市場の分析と予測:スマートグリッド事業者向けのインフラ、アプリケーション、アウトソーシング(BPO) - Smart Grid Managed Services」のプレスリリースにおいて、スマートグリッドのマネージドサービスの世界の収益は、2015年に43億ドルとなるだろう、との予測結果を発表しました。

世界の多くの国々、特に米国の電力会社は、スマートグリッドの更新において急速な運用の変更を迫られている。このような課題に対応するために、多くの電力会社はすでに、スマートグリッド採用を進めるためのベンダーなどのコンサルティングや導入サービスを探しはじめている。インフラの導入がなされても、電力会社はスマートグリッド運用に関する多くの問題と直面するために、マネージドサービス会社のビジネスチャンスは拡大するだろう。


米国の環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「スマートグリッド管理サービス市場の分析と予測:スマートグリッド事業者向けのインフラ、アプリケーション、アウトソーシング(BPO) - Smart Grid Managed Services: Infrastructure, Application, and Business Process Outsourcing for Smart Grid Utilities: Market Analysis and Forecasts」は、スマートグリッドのマネージドサービス市場は急成長しており、2010年から2011年に75%成長して、4億7000万ドルから8億2100万ドルに上昇するだろうと予測している。スマートグリッドのマネージドサービスの世界の収益は、2015年に43億ドルとなるだろう。


「電力会社のスマートグリッドのマネージドサービスへの需要には、経済的、環境的、社会的、技術的の4つの主要な促進要因がある。このうち、最も大きいのは経済的要因である。電力会社にとっては、運営の改善や技術の効率化、移動勤務者の管理によって運用コストを削減する可能性が動機づけになっている」とパイクリサーチ社のアナリストMarianne Hedin氏は語る。


さらに、現在は、デマンドレスポンス(需要対応)プログラムなどのアプリケーションアウトソーシングが、スマートグリッドの管理サービスの最大の分野であると指摘している。しかし、2015年までには、インフラストラクチャアウトソーシングが最大の分野となり、ビジネスプロセスアウトソーシングもまた大きく成長するだろうと指摘している。


パイクリサーチ社の分析は、この新興成長市場でマネージドサービスプロバイダの能力を決定する3つの重要な要因があると述べている。
●特にマネージドサービスプロバイダとして、長年クライアントに提供してきた電力会社に関する専門的な見解
●ITとOT(運用技術)、OT需要によるIT専門技術
●特にスマートグリッドプログラムで重要になっている電力会社の顧客対応管理の能力


この調査レポートは、世界と地域毎のスマートグリッドマネージドサービスの傾向を分析し、市場規模と2009-2015年の地域毎とサービスセグメント毎の成長の予測、主要なスマートグリッドマネージドサービスベンダの詳細な競争分析などの市場勢力図を記載している。


【調査レポート】
スマートグリッド管理サービス市場の分析と予測:スマートグリッド事業者向けのインフラ、アプリケーション、アウトソーシング(BPO)
Smart Grid Managed Services
Infrastructure, Application, and Business Process Outsourcing for Smart Grid Utilities: Market Analysis and Forecasts
リンク

◆米国市場調査会社 パイクリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事