logo

燃料電池による軽量自動車は2012年には3倍に増加

インドの市場調査会社RNCOS社は出版レポート「世界の燃料電池産業の分析 2010年:市場動向、アプリケーション毎/国毎の予測 - Fuel Cell Industry Analysis」のプレスリリースにおいて、燃料電池による軽量自動車の出荷数はメーカー各社の競争激化や価格の下落によって、2012年に3倍に拡大するだろう、との予測結果を発表しました。

過去1、2年間の軽量自動車市場には、多くの主要な変化があった。多くの企業が、燃料電池による軽量自動車の商業展開や開発の途上にある。インドの調査会社RNCOS社の調査レポート「世界の燃料電池産業の分析 2010年:市場動向、アプリケーション毎/国毎の予測 - Fuel Cell Industry Analysis」は、燃料電池による軽量自動車の出荷数は、メーカー各社の競争激化や価格の下落によって、2012年に3倍に拡大するだろうと報告している。軽量自動車分野の成長は、EU、日本、米国の政府の補助金政策の結果である。


RNCOS社は、燃料電池市場は北米が大きく占めているとみている。その主な理由は、カリフォルニアのZEV Mandate(零排出車導入義務規制)と給油インフラの存在によって、この地域の軽量自動車市場が促進しているためであり、さらに、ホンダやGMなどの企業が、燃料電池による軽量自動車のほとんどをカリフォルニアで販売しているためである。また欧州は、2008-2012年末に、世界の燃料電池による軽量自動車の出荷数の18%から35%を占めるまでに増加する。


RNCOS社のアナリストチームは、水素インフラストラクチャーの成長と拡大は、依然として、燃料電池技術の商業上の成功にとっての大きな課題であるとみている。現在、世界の政府機関、特に米国とヨーロッパは、水素インフラストラクチャーの成長と普及を促進している。通常、水素インフラは、水素ベースの軽量自動車の需要に促進されており、乗合バスはやや少ない。


この調査レポートは、市場傾向と最新のニュースといった重要な情報を提供している。燃料電池産業の最新の性能や今後の概観を記載し、米国、カナダ、日本、中国、インド、ドイツ、デンマーク、南アフリカについて調査している。主要な企業の情報とそれぞれの強みと弱みの分析も記載している。


【調査レポート】
世界の燃料電池産業の分析 2010年:市場動向、アプリケーション毎/国毎の予測
Fuel Cell Industry Analysis
リンク

◆インド市場調査会社 RNCOS社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。