logo

【レポート販売】「電力網におけるエネルギー貯蔵市場調査:電力会社規模の長期蓄電システム - 圧縮空気、揚水発電、NAS電池、フロー電池、リチウムイオン電池」

~主要関連企業30社の概要とSWOT分析、2010年から2020年までの地域/技術毎の予測~

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐 幹 東京都中央区)は、米国の環境保護関連市場調査会社パイクリサーチ社の英文調査レポート「電力網におけるエネルギー貯蔵市場調査:電力会社規模の長期蓄電システム - 圧縮空気、揚水発電、NAS電池、フロー電池、リチウムイオン電池」の販売を開始しました。

詳細ページ:http://www.cross-shop.jp/products/detail.php?product_id=321

報道関係者各位

平成22年10月21日
株式会社クロス・マーケティング
(東証マザーズ 3629)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「電力網におけるエネルギー貯蔵市場調査:電力会社規模の長期蓄電システム - 圧縮空気、揚水発電、NAS電池、フロー電池、リチウムイオン電池」を販売開始

~主要関連企業30社の概要とSWOT分析、2010年から2020年までの地域/技術毎の予測~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■■ 要約 ■■

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐 幹 東京都中央区)は、米国の環境保護関連市場調査会社パイクリサーチ社の英文調査レポート「電力網におけるエネルギー貯蔵市場調査:電力会社規模の長期蓄電システム - 圧縮空気、揚水発電、NAS電池、フロー電池、リチウムイオン電池」の販売を開始しました。

詳細ページ:リンク


■■ 資料概要 ■■

この調査レポートは、現在から2020年までの電力網におけるエネルギー貯蔵市場を調査し、エネルギー貯蔵の導入の促進において期待されるアプリケーションを詳細に調査しています。ビジネスモデル、政策、法規制要因、技術動向、エネルギー貯蔵市場の急速な広がりに影響を与える経済的な要因などについても調査・分析しています。主要関連企業30社の概要とSWOT分析、2010年から2020年までの地域/技術毎の予測も行っています。

電力網規模のエネルギー貯蔵市場は2020年に350億ドルに

2010年8月31日
今後、電力網における据え置き型エネルギー貯蔵セクターの重要性がますます高まるだろう。風力や太陽光発電などのエネルギー源による再生可能エネルギーの増加、電力会社などのスマートグリッドへの取りくみの拡大、プラグインハイブリッド自動車や電気自動車などの導入などの、いくつかの主要な動向によって、需要は高まリ続けている。米国の環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「電力網におけるエネルギー貯蔵市場調査:電力会社規模の長期型蓄電システム - 圧縮空気、揚水発電、NAS電池、フロー電池、リチウムイオン電池 - Energy Storage on the Grid:Long Duration Energy Storage Systems: Compressed Air, Pumped Hydro, NAS Batteries, Flow Batteries, and Lithium Ion Batteries for Utility-Scale Storage」は、世界で導入されているシステムの収益は今後10年間大きな成長を続け、2010-2020年に15億ドルから353億ドルに成長するだろうと報告している。

「電力網のエネルギー貯蔵には、いくつもの需要がある。今日、エネルギー貯蔵は、負荷追従特性、再生可能エネルギーの統合、再生可能エネルギーのタイムシフトなどに活用されている。今後も電力会社にとっては、送電・配電の設備のアップグレード延期、商用・工業用の使用時間によるコスト管理、従来型エネルギーのタイムシフトなど、電力網におけるエネルギー貯蔵の用途は拡大するだろう」とパイクリサーチ社のシニアアナリストDavid Link氏は語る。

また、長時間のエネルギー貯蔵の需要に対応する技術もいくつか登場している。従来型として揚水発電、圧縮空気、NAS(ナトリウム硫黄)電池などがあり、いまだ揺籃期にある新しい技術としてフロー電池、リチウムイオン電池などがある。このほかにも様々な技術があるが、最も大きく成長するのは圧縮空気、リチウムイオン電池、フロー電池だろうとパイクリサーチ社は予測している。

この調査レポートは、2020年までのエネルギー貯蔵を促進する用途と、実現する技術について詳細に分析している。急拡大するエネルギー貯蔵市場におけるビジネスモデル、政策、法規制、技術、経済的な要因を記載し、主要な30社の企業のプロフィールとSWOT分析、2010-2020年の世界の地域毎、技術毎の市場予測も行っている。


■■ 目次 ■■

詳細ページ: リンク

Table of Contents

1. Executive Summary

1.1 Introduction
1.2 ESG Technologies
1.3 ESG Players
1.4 Drivers for ESG
1.5 Barriers to ESG
1.6 ESG Market Forecast

2. Market Commercialization

2.1 Market Fragmentation
2.1.1 Energy Storage on the Grid
2.1.2 Market Segmentation
2.1.3 Ancillary Services
2.1.4 ESG Market in 2010
2.2 Legislative Growth Drivers
2.2.1 State Renewable Portfolio Standards
2.2.2 Energy Storage Tax Credit
2.2.3 State of California Initiatives
2.3 ISO Market Dynamics
2.3.1 FERC Order Update
2.3.2 ISO/RTO Market Updates
2.4 Utility Adoption
2.5 Energy Storage Investment Dynamics
2.6 EV Market
2.7 Barriers to Adopting Energy Storage Technologies
2.7.1 Lack of Cost Recovery and Incentives
2.7.2 Wind Energy Industry Resistance

3. Technology Issues

3.1 Conventional Natural Gas Fired Spinning Reserves
3.2 Compressed Air Energy Storage
3.2.1 Overview
3.2.2 Applications
3.3 Pumped Hydroelectric Storage
3.3.1 Overview
3.3.2 Applications
3.4 Sulfur Batteries
3.4.1 Overview
3.4.2 Applications
3.5 Flow Batteries
3.5.1 Vanadium Redox Flow Batteries
3.5.2 Zinc Bromine Flow Batteries
3.6 Lithium-Ion Batteries
3.6.1 Overview
3.6.2 Leading Chemistries
3.6.3 Summary of Developments
3.6.4 Efficiency and Capacity
3.7 Other Advanced Batteries
3.7.1 Sodium Metal Halide
3.7.2 Metal Air Batteries
3.8 ESG Technology Comparison
3.8.1 ESG Costs
3.8.2 CAES
3.8.3 Pumped Hydro
3.8.4 Sodium Sulfur
3.8.5 Flow Batteries
3.8.6 Lithium-Ion
3.8.7 Overall ESG Technology Comparison
3.9 ESG Applications
3.9.1 Load Following
3.9.2 Renewable Energy Time Shifting
3.9.3 Renewable Energy Grid Integration
3.9.4 Conventional Energy Time Shifting
3.9.5 Transmission & Distribution Upgrade Deferral
3.9.6 Time-of-Use Energy Cost Management
3.10 Deployment Structures

4. Market Forecasts

4.1 Forecast by ESG Technology
4.1.1 CAES
4.1.2 Pumped Hydro
4.1.3 NAS Battery
4.1.4 Flow Battery
4.1.5 Lithium-Ion Batter
4.1.6 ESG Revenue by Technology
4.1.7 Applications Forecast

5. Key Industry Players

5.1 Compressed Air Energy Storage
5.1.1 Dresser-Rand
5.1.2 Energy Storage and Power
5.1.3 General Compression
5.1.4 Haddington Ventures
5.1.5 Iowa Stored Energy Park
5.1.6 SustainX
5.2 Pumped Hydroelectric
5.2.1 Black & Veatch
5.2.2 MWH Global
5.3 NAS Batteries
5.3.1 NGK Insulators
5.4 Flow Batteries
5.4.1 EnerVault
5.4.2 Premium Power
5.4.3 Primus Power
5.4.4 Prudent Energy
5.4.5 RedFlow Technologies
5.4.7 Sumitomo Electric Industries
5.4.8 ZBB Energy Corp.
5.5 Lithium-Ion
5.5.1 A123 Systems
5.5.2 Altair Nanotechnologies
5.5.3 Electrovaya
5.5.4 Ener1/EnerDel
5.5.5 Hitachi Group
5.5.6 International Battery
5.5.7 Johnson Controls
5.5.8 Saft Batteries
5.5.9 Seeo
5.6 Other Advanced Batteries
5.6.1 44 Tech
5.6.1 General Electric
5.7 ESG Value-Added Players
5.7.1 AES Energy Storage
5.7.2 S&C Electric Company

6. Company Directory
7. Acronym and Abbreviation List
8. Table of Contents
9. Table of Charts and Figures
10. Scope of Study, Sources and Methodology, Notes


■■ 概要 ■■

商 品 名:電力網におけるエネルギー貯蔵市場調査:電力会社規模の長期蓄電システム - 圧縮空気、揚水発電、NAS電池、フロー電池、リチウムイオン電池
発 刊 日:2010年9月
発   行:パイクリサーチ社
販   売:株式会社クロス・マーケティング
価   格:US$ 3,500
判   型:92ページ
※英文調査報告書(PDF+Excelファイル)です。

【価格・ご注文につきまして】
価格:請求書作成日のTTSレート(三井住友銀行発表)で円換算し、消費税を加えた金額となります。
納品・ご請求:本商品は、株式会社データリソースからの納品及び請求となります。
ご注文:cs-info@cross-m.co.jpまでご連絡お願いいたします。
その他:商品の性質上、ご注文後のキャンセル、返品、交換はお受けいたしません。
何卒ご了承お願いいたします。


詳細ページ: リンク

【お申し込み方法】

株式会社クロス・マーケティング
担当部署:ライブラリビジネスグループ
NS-Shop 販売窓口担当
Tel:03-3549-1319
Fax:03-3549-0221
cs-info@cross-m.co.jpまでご連絡お願いいたします。


■■ 株式会社クロス・マーケティングについて ■■

株式会社クロス・マーケティングは、国内130万人超の大規模モニターを軸に、生活者の「生」の声を、主にインターネットを活用して収集するマーケティングリサーチ会社です。
生活者の嗜好の多様化や、商品サイクルの短期化に対応するため、ネットリサーチの優位性である「スピード」「コスト」に加え、「品質」を最大限に重視したリサーチサービスを展開しています。
調査企画から設計、実査、集計・分析レポートまで、マーケティングリサーチに関するあらゆるサービスをトータルにサポートいたします。


■■ 株式会社クロス・マーケティング 会社概要 ■■

名称:株式会社クロス・マーケティング
本社所在地:東京都中央区銀座8丁目15番2号 銀座COMビル6F
代表者:代表取締役社長 五十嵐 幹
設立:2003年4月
URL:リンク


■■ 本件に関するお問い合わせ先 ■■

株式会社クロス・マーケティング
Cross Shop 販売窓口担当

Tel:03-3549-1319
Fax:03-3549-0221
Mail:cs-info@cross-m.co.jp

※NS-Shopは、2010年10月1日にCross Shopへと
サイト名を変更いたしました。
今後とも引き続きご愛顧賜ります様、宜しくお願い申し上げます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事