logo

「ABC」紙が「世界一ウイルス対策ソフト」とG Dataを評価

G Dataが、スペインの三大有力日刊紙の一つである「ABC」紙において、「世界で最も優れたウイルス対策ソフト」と評価されました。

G Data Software株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:Jag 山本)の主力製品「G Data AntiVirus 2011」が、スペインの三大有力日刊紙の一つである「ABC」紙(1905年創刊、マドリッド)において、「世界で最も優れたウイルス対策ソフト」という記事を、2010年10月15日に発表しました。

「ABC」紙は、9月下旬に発表されたAV Comparativesによるウイルス検出テストの結果に着目し、G Data製品が、90万種以上のウイルス(マルウェア)をほぼ100パーセント(正確には99.9%)防御できたことを指摘し、20製品のなかで、最も優れたウイルス対策ソフトであると、称賛しました。

*「ABC」紙のインターネット上での記事はこちら↓
 リンク

また、記事中では、「ウイルスが今なお急増しているにもかかわらず、人々はあまりにも無関心すぎる」と述べ、ユーザーがウイルス対策にもっと関心をもつよう、呼びかけました。

スペインのみならず、日本においても同様、まだまだウイルス対策やセキュリティへの関心が薄いと思われます。この場を借りて、G Dataは、以下のようなアピールをしたいと思います。

「品質の高いウイルス対策は、自分自身のデータや財産などを守るうえで、重要な役割を担っているのはもちろん、本人のみならず、家族や知人、同僚などのデータや財産も守っているのです。」(G Data Software株式会社 代表取締役 山本 Jag)


*参考資料~AV Comparativesの結果について

テスト機関: AV Comparatives
テスト日時: 2010年8月6日
テスト名:  On-demand Detection of Malicious Software
テスト項目: 検出率と誤検出数
テスト参加: 20製品
       (avast!、AVG、AVIRA、BitDefender、eScan、
        ESET、F-Secure、G Data、K7、Kaspersky、
        Kingsoft、McAfee、Microsoft、Norman、
        Symantec、Panda、Sophos、PC Tools、
        TrendMicro、TrsuPort)
テスト検体数: 合計 917,083
         ウィンドウズウイルス 21,368
         マクロウイルス 2,714
         スクリプトウイルス 3,566
         ワーム 123,240
         バックドア/ボット 124,246
         トロイの木馬 626,105
         その他 16,053

*詳細は、こちらをご覧ください
 リンク


*************

AV Comparatives orgについて
 オーストリアを拠点としている国際的に権威のある独立系のウイルスソフトテスト機関です。代表は、アンドレアス・クレメンティ(Andreas Clementi)。毎年2月と8月に「ウイルス検出テスト(On-demand Detection of Malicious Software)」の結果を発表しています。

25周年を迎えるジーデータソフトウェア
 G Data Softwareは、1985年に創業し、1987年に世界最初の個人向けウイルス対策ソフトを発売した、ドイツのセキュリティソフトウェア会社です。 EUを中心に、個人向け・法人向け製品を展開しています。日本法人は2007年に設立しました。最大の特徴は、ダブルエンジンによる世界最高位のウイルス検出率です。また、新種や未知ウイルスへの防御、フィッシング対策、迷惑メールへの外国語フィルターなど、インターネットやメール環境を安全・快適にする機能を豊富に搭載しています。

*本リリースに記載されている各種名称、会社名、商品名などは各社の商標または登録商標です。

*公式ストアがオープンしました
 リンク

【本リリースに関する問合せ先】 
G Data Software株式会社 
101-0042 東京都千代田区神田東松下町48 ヤマダビル6F
窓口: 瀧本往人 
E-mail: gdata_japan_info@gdatasoftware.com 
URL: リンク

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。