logo

「次世代アドクリエイター講座」をデジタルハリウッド渋谷校で開講、プレ講座を10/20に開催。

---------------------------------------------------------------------------
       【産学協同講座】次世代アドクリエイター講座開講
 ~21世紀のコミュニケーションとコマースに立脚したウェブ広告文化を提唱~

      プレ講座開催日時:2010年10月20日(水)19:30~21:00
          場所:デジタルハリウッド渋谷校
---------------------------------------------------------------------------




 IT関連及びデジタルコンテンツの人材育成スクール[デジタルハリウッド](運営会社:株式
会社、本社/本校:東京都千代田区、代表取締役社長:古賀鉄也、学長:杉山知之)では、リン
クアドLLC(LLC代表ソウダヒロシ氏)による【産学協同講座】次世代アドクリエイター講座を
開講することとなりました。
 本講座は、広告の過去~現在をすべて理解し、ウェブサイト及びウェブ広告の新しいデザイ
ンと配信方法により、21世紀のコミュニケーションとコマースに立脚したウェブ広告文化を提
唱することのできる次世代アドクリエイターを育成することを目的としております。
 このたび、正式な講座開講を前に、プレ講座を開催することとなりました。
 プレ講座は、10月20日(水)19時半よりデジタルハリウッド渋谷校にて開催、主に講座につ
いてのオリエンテーションが中心となっております。


【プレ講座 開催概要】
日 程:2010年10月20日(水)19時30分~21時00分
会 場:デジタルハリウッド渋谷校
    東京都渋谷区道玄坂2-25-12 道玄坂カブトビル5F
    (地図)リンク
参 加:無料・要予約
定 員:60名
申し込みURL:リンク

お問い合わせ:デジタルハリウッド渋谷校 担当:中津川
TEL 0120-382-810 / E-mail shibuya@dhw.co.jp

講師プロフィール:
ソウダヒロシ氏
コピーライター、TVCFディレクターを経てマーケティングを10年間実践したのち、1995年
からeマーケティングの実証活動に入る。ウェブ・ライター、eモデレータ、eコンサルタン
ト、デジタルハリウッドeマーケティング講座講師を経て、広告主として検索連動型広告で
あるAdWords、Overtureのチューニングを7年間実践。バナー広告、テキストリンク広告、編集
タイアップ広告などを出稿する中で新しいウェブ広告「リンクアド」を開発。現在リンクアド・
プロジェクト、リンクアドLLC代表。サーモン・フィッシャー、環境小説作家。  


深野暁雄氏
神奈川工科大学 客員教授/東京工業大学 フェロー。デジタルハリウッド設立当初の1995年より
3DCGアニメーション講師を8年間務める。'01年より、東京大学、東海大学、筑波大学の講師も
兼任。'03年ブロードバンド時代のリッチコンテンツを広めるNPO「Webリッチ・メディア・
フォーラム」を設立、理事長に就任後、'07年に解散し新たに「バーチャルワールドカンファレ
ンス」を設立。著書に『Web3D自由自在』と『パソコンお助け塾』、『デジタルコンテンツ制作
入門』がある。


【産学協同講座 開催概要】次世代アドクリエイター講座(予定)
講 師:ソウダヒロシ 深野暁雄
日 時:10/25(月)~12/6(月)毎週月曜日19:30~21:00
場 所:デジタルハリウッド渋谷校5階セミナールーム
回 数:全6回
対象者:デジタルハリウッド在校生・修了生
料 金:無料

講座の目的
この講座は、広告の過去~現在をすべて理解し、ウェブサイト及びウェブ広告の新しいデザイ
ンと配信方法により、21世紀のコミュニケーションとコマースに立脚したウェブ広告文化を
提唱することのできる次世代アドクリエイターを育成することを目的とする。

受講対象者
デザインツールを使い、ウェブサイトの制作が一通りできる知識や技術を持っていること。
Flashの操作は必須。携帯電話、スマートフォンにおけるサイト構築の知識があれば望ましい。
サーバサイドのシステムの理解があることも望ましい。既存の考え方を打破できる発想力や
プレゼンテーション能力があると更に良い。

達成目標
21世紀の広告媒体としてのウェブサイトを創出し、その媒体にふさわしいウェブ広告のプロ
デュースを行うことのできる企業のウェブマスター、ディレクター、アントレプレナーの輩出。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。