logo

オートデスク、ウェブ連携、サステナビリティを支援する先進機能やユーザニーズに応えた拡張機能を提供開始

~サブスクリプション ユーザを強力に支援するSubscription Advantage Pack~

オートデスク株式会社(本社:東京都中央区、社長:鬼澤盛夫)は、同社主要製品のサブスクリプション(保守契約)ユーザ向けに、最新2011バージョンの「Subscription Advantage Pack」(サブスクリプション アドバンテージ パック)の提供を開始したと発表しました。これにより、オートデスク サブスクリプション ユーザは、より機能が充実した製品を無償で利用することができます。
Subscription Advantage Packが提供する機能拡張には、ウェブサービスと設計ツールを統合した新機能、サステナブルデザインの実践を可能にする機能などがあります。これらの機能拡張により、ユーザはソフトウェアの性能向上、ならびに設計プロセスの効率化を実現、より良いデザインの意思決定を行うことができ、結果としてプロジェクトで最も重要な業務に集中できるようになります。

2011バージョンのSubscription Advantage Packには次の特長・機能が含まれています。

・「Autodesk(R) Revit(R) Architecture 2011」(オートデスク レビット アーキテクチャー 2011)では、「概念的エネルギー解析」 が可能になりました。このアプリケーションとウェブサービスの併用により、サブスクリプション ユーザは概念設計を自動的にエネルギー分析モデルへ変換することができます。さらに、修正コストが最小に抑えられる概念設計の段階で、より適切な決定を下すために必要なデザイン比較が可能になります。
・「AutoCAD(R) 2011」(オートキャド 2011)ならびに同シリーズでは、「AutoCAD(R) WS plug-in for AutoCAD(オートキャド ダブリューエスプラグイン フォー オートキャド)」 が使用できます。このプラグインにより、サブスクリプション ユーザはAutoCAD WSのオンライン ワークスペースに直接DWG(R)ファイルをアップロードすることができます。また同時に、IGESファイルの取り込み・書き出しと、DWG変換のツールが提供されます。
・「Autodesk(R) Inventor(R) 2011」 (オートデスク インベンター 2011)の新機能は、使い勝手を追求し、従来以上に使いやすくなった様々なツール、他社製品のネイティブ データとの相互運用性の強化などの「デジタル プロトタイプ」機能の拡張により、製造業の設計プロセスを短縮します。
・「AutoCAD(R) Mechanical 2011」(オートキャド メカニカル 2011)と「AutoCAD(R) Electrical 2011」(オートキャド エレクトリカル 2011)のサブスクリプション ユーザは、AutoCADのSubscription Advantage Packのメリットをそのまま享受できます。
・「Autodesk(R) Maya(R) 2011」(オートデスク マヤ 2011)のSubscription Advantage Packは、著名な業界パートナーやオートデスクが開発したテクノロジーが組み込まれています。これにより、アーティストはより高度なアニメーション、シェーディング、エフェクトへのアクセスを享受し、クリエイティブな業務に注力することができます。

Subscription Advantage Packは以下の2011バージョンのオートデスク製品で利用可能です。

◆建設業向け
・AutoCAD(R) 2011(オートキャド 2011)
・AutoCAD(R) Architecture 2011(オートキャド アーキテクチャー 2011)
・AutoCAD(R) Civil 3D(R) 2011(オートキャド シビル スリーディー 2011)
・AutoCAD(R) Map 3D 2011(オートキャド マップ スリーディー 2011)
・Autodesk(R) 3ds Max(R) Design 2011(オートデスク スリーディーエス マックス デザイン 2011)
・Autodesk(R) Navisworks(R) 2011(オートデスク ナビスワークス 2011)
・Autodesk(R) Revit(R) Architecture 2011(オートデスク レビット アーキテクチャー 2011)
・Autodesk(R) Revit(R) Structure 2011(オートデスク レビット ストラクチャー 2011)

◆製造業向け
・AutoCAD(R) 2011(オートキャド2011)
・Autodesk(R) Inventor(R) 2011(オートデスク インベンター 2011)
・AutoCAD(R) Electrical 2011(オートキャド エレクトリカル 2011)
・AutoCAD(R) Mechanical 2011(オートキャド メカニカル 2011)

◆メディア&エンターテインメント 向け
・Autodesk(R) 3ds Max(R) 2011(オートデスク スリーディーエス マックス2011)
・Autodesk(R) Maya(R) 2011(オートデスク マヤ 2011)
・Autodesk(R) MotionBuilder(R) 2011(オートデスク モーションビルダー 2011)
・Autodesk(R) Mudbox(TM) 2011(オートデスク マッドボックス 2011)
・Autodesk(R) Smoke(R) 2011 For Mac OS X(オートデスク スモーク 2011 フォー マック オーエス テン)
・Autodesk(R) Softimage(R) 2011(オートデスク ソフトイマージ 2011)


サブスクリプション ユーザは、以下のサブスクリプション センターからダウンロード可能です。また、ほぼすべての2011バージョン製品から、直接Subscription Advantage Packへアクセスが可能です。
リンク

映像による新機能紹介など、Subscription Advantage Packに関する詳細は以下URLをご参照ください。
www.autodesk.co.jp/advantagepack


◆オートデスク株式会社概要
本 社:  東京都中央区晴海1-8-10  晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 24F
大阪営業所: 大阪市淀川区宮原3-5-36 新大阪トラストタワー 3F
代表取締役社長:鬼澤盛夫
設 立: 1985年4月1日
資 本 金: 1億円
Webサイト: リンク

◆Autodesk,Inc.会社概要
Autodesk, Inc. (NASDAQ: ADSK) は、3次元デザイン ソフトウェアを提供する世界的な企業です。製造、建築、土木、メディア&エンターテインメント産業を中心に、多岐にわたる顧客がアイデアの具現化や視覚化、シミュレーションにAutodeskのソフトウェアを使用しています。顕著な例として、アカデミー賞(R) 視覚効果賞の受賞者にオートデスクの顧客が15年連続で選ばれています。1982年のAutoCAD(R)の発表以来、世界の市場を対象に業界先進のデザイン ソフトウェアの開発に取り組んでいます。詳細は、リンク をご覧ください。

当プレスリリースに関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。


◆ 報道関係者問い合わせ窓口
オートデスク プレスデスク 担当:野村/木下
Email: autodesk@golinharris.com
phone: 03-5427-7361

◆ お客様問い合わせ窓口
オートデスク インフォメーションセンター TEL: 0570-064-787

Autodesk、AutoCAD、Civil 3D、DWG、Inventor、Maya、MotionBuilder、Mudbox、Navisworks、Revit、Smoke、Softimageならびに3ds Maxは、米国および/またはその他の国々における、Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。アカデミー賞(Academy Award)は、米映画芸術科学アカデミー(the Academy of Motion Picture Arts and Sciences)の登録商標です。その他のすべてのブランド名、製品名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。オートデスクは、通知を行うことなくいつでも該当製品およびサービスの提供、機能および価格を変更する権利を留保し、本書中の誤植または図表の誤りについて責任を負いません。
(C)2010 Autodesk, Inc. All rights reserved.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。