logo

日本セパレートシステム、物流業界向け手のひら静脈認証タイムレコーダー&勤怠管理システム「HandTime Ver.2.5」を発売開始

~給与計算と概算費用集計の連携強化および貸与品管理機能の追加~

株式会社日本セパレートシステム(所在地:東京都豊島区、代表取締役 杉村 英人、以下、日本セパレートシステム)は、給与計算と概算費用集計の連携強化および貸与品管理機能を追加した、物流業界向け手のひら静脈認証タイムレコーダー&勤怠管理システム「HandTime Ver.2.5」を本日より発売開始しました。
価格は旧バージョンの価格据え置きの最小構成価格36万円(税抜:クライアント・ソフトウェア・ライセンス1本、サーバ・ソフトウェア・ライセンス1本)にてご提供いたします。

「HandTime Ver.2.5」の前バージョンからの改良点は下記の通りです。

・派遣用、本社雇用の2種類の勤務時間計算に対応し、会社毎に選択を可能にした
・スポット用の勤務時間計算にも対応した(IDとスタッフ個人が紐つかないため、1日単位の残業の計算のみに対応)
・ある作業区分に対する単価をスタッフ単位に設定可能にした
・一人のスタッフが異なる作業区分を行う場合にも対応した
・上記の全てを概算費用集計に反映したため、より正確な費用集計が可能になった
・勤怠データのファイル出力、修正した勤怠データのファイルからの更新を可能にした
・貸与品の管理に対応した

用語解説

■「HandTime」について
特許出願中の独自機能により、不正登録・不正打刻を高いレベルで防止する「手のひら静脈認証」タイムレコーダーシステムです。手のひら静脈認証の採用により、他の生体認証による方式と比較して格段に高い読み取り率を実現しています。また、同一人物の二重採用や、採用後の他人へのなりすましといった不正を防止する機能を提供しますので、主にアルバイト・パート社員を多く抱える企業様へ最適なシステムとなっています。また、業界初めて一台のPCで2台の静脈認証装置を接続可能にしています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事