logo

【DHGSアカデミー】森祐治教授(シンク代表)が解説「コンテンツ・ビジネスからのインサイト~総力戦時代に突入した全てのビジネスへの新世代アプローチ~」

-----------------------------------------------------------------
           【DHGSアカデミー】
       コンテンツ・ビジネスからのインサイト
  ~総力戦時代に突入した全てのビジネスへの新世代アプローチ~

       2010年10月30日(土)14:00~15:30
    デジタルハリウッド大学大学院 秋葉原メインキャンパス
        Ustreamによる生中継も実施
-----------------------------------------------------------------




 日本初の株式会社による専門職大学院、デジタルハリウッド大学大学院(本校:東京都千代田区
学長 杉山知之 以下本大学院)では、株式会社シンクの代表取締役であり、本学の専任教授であ
る森祐治氏による、「【DHGSアカデミー】コンテンツ・ビジネスからのインサイト~総力戦時代に
突入した全てのビジネスへの新世代アプローチ~』を開催いたします。

 また、当日はUstream(ユーストリーム)を活用したセミナーの生中継も実施いたします。

 デジタルネットワークによるグローバライゼーションの急速な進行に伴い、既存の金融、製造や
サービスといったあらゆる産業で、国内市場であっても従来とは異なるパラダイムが求められるよ
うになってきています。
 そんな変化に対応するためにも、異分野との連携や知見の導入など、一種総力戦的なビジネス・
マネジメント・スキルが必要とされてきています。

 多種多様な資産の組み合わせを短期間で最適化し、金融や先端技術をも取り込むことで、従来に
はない驚きや喜びを創り上げてきたコンテンツ産業。
 そして、先行してグローバル化も経験している、コンテンツ産業におけるクリエイティブ・アプ
ローチとそのビジネスのマネジメント手法=プロデュース・スキルが、さまざまな点から注目され
てきています。

 今回の【DHGSアカデミー】では、MicrosoftやMcKinseyといった外資系企業でキャリアを積む一
方、学術的アプローチでアニメや日本のメディアに対する調査を続け、アニメ・コンテンツへの投
資やビジネス開発、コンテンツ・ファイナンス、国際ビジネス連携に携わられている、株式会社
シンクの代表取締役社長であり、本大学院で「コンテンツ戦略ラボ」を担当している森祐治専任
教授に、「コンテンツ・ビジネスからのインサイトの解説及び、全ビジネスへの新しいアプローチ
のポイントを説明いただきます。

 昨今のビジネス・マネジメント手法のトレンドを、先進的なコンテンツ・プロデュース手法や
グローバル・コンテンツ/メディア・コングロマリット戦略を分析することで得られるインサイト
の理解は、他分野で活躍するビジネス・パーソンにとって、そしてコンテンツ領域に興味を持つ
将来の融合領域人材にとっても有意義なアプローチになるでしょう。



【DHGSアカデミー】コンテンツ・ビジネスからのインサイト
~総力戦時代に突入した全てのビジネスへの新世代アプローチ~

■日 時:2010年10月30日(土)14:00~15:30(開場13:45)
■会 場:デジタルハリウッド大学大学院 秋葉原メインキャンパス
     101-0021 東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル7階
     (アクセス)JR「秋葉原駅」電気街口徒歩1分
           日比谷線「秋葉原駅」徒歩5分
           銀座線 「末広町駅」徒歩5分
           つくばエクスプレス「秋葉原駅」徒歩3分
■講 師:森 祐治(デジタルハリウッド大学大学院専任教授/株式会社シンク 代表取締役社長)
■定 員:50名
■費 用:無料

■Ustreamによる生中継
当日、下記Ustreamのアカウントに接続して受講してください。
【デジタルハリウッド大学大学院Ustreamチャンネル】
>> リンク
【Ustream.tvのオフィシャルサイト】
>> リンク

■講座内容
・総力戦アプローチとは何か
・デジタル・ネットワークのインパクト
・ホワイトカラーの生産性向上の必要性
・リアル・ビジネスへのコンテンツ・ビジネス・インサイト
・マネジメント=プロデューサーの時代へ

■講師プロフィール
○森 祐治(もり・ゆうじ)
デジタルハリウッド大学大学院 専任教授/株式会社シンク 代表取締役社長
元はメディア・コミュニケーション研究者。しかし、米国の大学院(MBA・Ph.D)に留学した
際、研究対象とした「双方向性を持ったメディア」の在り方に興味を持ったことから、ビジネ
スの領域へ。その後、MicrosoftやMcKinseyといった外資系企業でキャリアを積む一方、学術
的アプローチでアニメや日本のメディアに対する調査を続け、現在代表を務めるTHINKにおけ
るアニメ・コンテンツへの投資やビジネス開発、コンテンツ・ファイナンス、国際ビジネス
連携といった活動へとつながっている。
【著書】デジタルコンテンツ白書(DCAJ)/ケータイは世の中を変える(訳、論考:北大路書房)
/こんなに使えるLLP設立マニュアル (明日香書房)

セミナー詳細はこちら : リンク

【DHGSアカデミーとは】
本学デジタルコンテンツ研究科ではビジネス、クリエイティビティ、ICTの融合こそが、これか
らの社会において重要かつ欠かすことのできない要素であるとの認識のもと、深く専門の学術
を教授研究し、実学に根ざす卓越した応用力と実践力に富む人材を養成することを教育研究目
的としております。

前述の教育研究目的に基づき、より多くの方々に広く知識を得ていただく機会として、本学の
「知の創造と伝授」の場としてDHGSアカデミーを設立し、一般の方々から専門家の方々まで門
戸を開放しております。




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。