logo

NTTドコモによる米パケットビデオの株式取得が完了

San Diego, CA, Oct 11, 2010 - (JCN Newswire) - カスタマイズされたマルチメディア・エクスペリエンスのクリエーターであるパケットビデオ・コーポレーション(以下パケットビデオ 本社:米国カリフォルニア州、社長兼CEO:ジェームス・ブレイリーン、日本法人:パケットビデオ・ジャパン株式会社、本社:東京都港区、代表取締役社長:高木和典)は本日、世界最大規模で先進的な携帯電話事業者の1つである株式会社NTTドコモ(以下、NTTドコモ)がNEXTWAVE WIRELESS INC.の保有していたパケットビデオの残りの株式の取得を1億1,160万米ドル(約92.6億円※)で完了したことを発表しました。今回の株式取得は、NTTドコモがパケットビデオの発行済株式総数の35%の普通株式を取得した2009年7月の資本提携に続くものです。


これにより、パケットビデオはNTTドコモの完全子会社となり、従来通り、創設者であり社長兼CEOであるジェームス・ブレイリーンのリーダーシップの下、自治独立の取締役会を備えた決定権のある会社として経営を行います。


「パケットビデオはNTTドコモとともに新たな時代への第一歩を踏み出せることを非常に嬉しく思います。今後はNTTドコモとのより緊密な協力関係の下、インタラクティブなメディア体験サービスのリーダーとしてTwonky製品を提供し、また世界の主要なモバイル・キャリアとの関係強化により、さらに強力なサービスを消費者に提供できるでしょう。」とブレイリーンは述べています。


NTTドコモの執行役員、永田清人氏は、「パケットビデオとNTTドコモの長年のパートナー関係が更に発展し、これまで以上に緊密に協力できることを非常に嬉しく思います。この合意により、業界をリードするパケットビデオのモバイル・エンターテイメント技術を活かし、日本市場において新たに幅広いサービスを提供できるでしょう。」と述べています。


※1米ドル=83円(2010年10月6日現在)で計算


パケットビデオについて
1998年に設立されたパケットビデオは、世界各国で提供されている主要な家庭向け及び携帯端末向けのマルチメディア・サービスの原動力となるソフトウェアを開発してきました。詳細は日本語版ホームページ( リンク )または英語版ホームページ( リンク )をご覧下さい。


プレスお問合せ先:
Meg McCormick
415-591-8410
packetvideo@shiftcomm.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。