logo

出版セミナー:『ビジネス書の元編集長が伝授―出版への最短距離を目指す!』

中経出版の元編集長・奥平恵氏による、出版社の知られざる内情を語るセミナーを開催。編集者の考えを知らずに出版を目指すべからず!

株式会社コンサルジェント(所在地:東京都中央区 代表取締役:樋笠耕治)は、出版セミナー:『ビジネス書の元編集長が伝授―出版への最短距離を目指す!』を2010年11月8日(月)に開催する。

『出版セミナー:ビジネス書の元編集長が伝授―出版への最短距離を目指す!』の詳細、次のとおりである。

ビジネス書の有力出版社である『中経出版』にて昨年3月まで現役の編集長を務めていた奥平恵氏による、初めてのセミナー!(昨年好評につき2回目です)

奥平氏は、中経出版をはじめ出版業界で30年以上のキャリアをもつベテラン編集者で、現在も中経出版のアドバイザーとして外部から企画を提供したり、他の出版社へも企画提供や執筆・編集業務を行っている第一線のプロフェッショナル。

そんな奥平氏の経験から、これからビジネス関係の出版を目指す方、2冊目・3冊目を目指す方へ、出版社側の本音をお話します!

さらに後半のパートでは、ビジネス出版社OBならではの内部情報や毒舌を披露してきた本多泰輔が、何としてでも本を出したいという方のために、より今日的かつ実践的なレクチャーをさせて戴きます。

これからビジネス書を出したい、2冊目・3冊目を狙いたい、という方には、きっとご参考になる、ここでしか聞けない豪華2本立ての内容だと思います。

※あまり大きな声では言えませんが・・・出版業界のインサイダーとして豊富な人脈・コネクションをもつ講師のお二人と名刺交換して、企画を見てもらうことが一番の出版への近道かもしれません!

先着順で締め切りますので、ご興味ある方は、ぜひお早めにお申し込みください。

<受講者特典!>
出版企画書をご準備できる方には、本多氏より、内容に対してコメント・アドバイスをさせていただきます。また有望な企画につきましては、ご希望に応じて出版実現に向けた支援(プロデュース)をさせていただきます。

<対象者>
ビジネス書の分野での著者デビュー、出版を目指していらっしゃる方。(とくにコンサルタントや研修講師の方、歓迎)

<セミナー内容>
●第1部:ビジネス出版社の元編集長が語る、出版社側の考え方

1.著者が知らない出版社のインサイダー事情
・ビジネス出版社の編集者はどんな仕事をしているのか

2.ビジネス出版社が企画を決定するプロセスとは?
・編集会議の内幕と本を出す決裁権限

3.持ち込まれる企画書・原稿は実際にどうなっているのか?
・実際に送られてくる企画書、原稿のゆくえ

4.編集者の目に留まる企画書のポイント
・こんな企画書が注目される、こんな企画書はダメ

5.確実に本を出したい方への実践的なアドバイス
・忙しくて書く時間がない人でも本は出せる


●第2部:本が売れない時代に出版するためのポイントとは?

1.出版の効果
・なぜ、2冊目、3冊目の著書があったほうがよいのか

2.出版社を攻略する方法
・刊行スケジュールのエアポケット
・企画の穴と狙い目の出版傾向

3.なぜあの人は次から次へと本が出せるのか
・目標は年間3冊

4.著書づくりのファクトリーをつくろう
・企画書も原稿も書かない作家たち

※当日の講演内容は一部変更になる可能性もございます。

<講師>
奥平恵(中経出版・元編集長)

<定員>
15名を予定 ※先着順に受付


■開催日
2010年11月8日(月) 15:00~17:45

■開催場所:
ちよだプラットフォームスクエア 5階会議室
(住所)〒101-0054東京都千代田区神田錦町3‐21
(交通)東西線:竹橋駅 3b KKRホテル東京玄関前出口より徒歩2分

■参加費
15,000円

■詳細
リンク


【本件の連絡先】

株式会社コンサルジェント
担当:樋笠

〒104-0032東京都中央区八丁堀2-1-9 川名第二ビル6F
TEL:03-3553-8260 FAX:020-4666-8617(web-fax)
e-mail:info@consulgent.co.jp
URL:リンク

このプレスリリースの付帯情報

編集者の考えを知らずに出版を目指すべからず!

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。