logo

公共安全用の通信市場

ファーストレスポンダー(一次対応者)のネットワーク、サービス、デバイス

第一次対応者(ファーストレスポンダー)向けの通信は、TETRAやAPCO P25技術によるオールデジタル音声・データ接続に急速に移行しつつある。北米の公安機関ではP25技術が支配的であり、北米以外の地域ではTETRAがほぼ独占的な技術規格である。規格、スペクトラムアクセス、投資は、地域に関わらず、主要な市場促進要因である。モトローラは、全ての地域と製品において、最も影響力のあるトップ企業である。
しかし、市場は変化している。P25機器を提供する企業が増加している。西欧市場が成熟したために、TETRAサプライヤは積極的に新しい市場を模索している。第一次対応者の分野では、米国のFCCが次世代の公共安全用ブロードバンド通信のためにLTEを提唱しており、ブロードバンドデータサービスの可能性に関する認識が高まっている。ブロードバンドの公共安全のRFPを求め、かつ大きなプロジェクトのためにモトローラと取り組んむかたちで提携が進められている。2009年の世界的な景気後退の後に、景気回復を支えるためのすべての公的資金の割り当てははっきりしていない。
これは、公安機関によるデジタル通信の採用に対して何を意味しているのか? この調査レポートは、TETRA、P25、Tetrapol、4.9MHzのスペクトル帯技術などの第一次対応者向けの通信を調査している。これら4つの無線技術の無線端末と、TETRAとP25の基地局採用の予測や、端末と基地局両方の市場シェア分析、主要な市場促進要因の概説と、第一次対応者向けの25社以上の企業や機関の分析も記載している。


【調査レポート】
公共安全用の通信市場:ファーストレスポンダー(一次対応者)のネットワーク、サービス、デバイス
Public Safety Communications
Networks, Services, and Devices for First Responders

リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。