logo

4Gの半導体市場

エンドユーザデバイスのWiMAXとLTEベースバンドチップ

3Gチップセット市場は、今後もまだ非常に長い寿命を残しているが、4Gチップセット市場はすでに立ち去り始めている。4Gチップセットが、3Gよりも少ない待ち時間で、高速に、WWANの接続性を提供することができる。また、4Gチップセットによって、デバイスは、今後もIMT-Advanced-compliantネットワークでWWANの接続性を保つことができる。モバイルWiMAXやLTEの普及が進む今後数年間は、CPE、モバイルデバイス、M2Mアプリケーションの4Gチップセットのビジネスチャンスも拡大するだろう。この調査レポートは、4G一般とWiMAXやLTEの市場の市場促進要因と市場阻害要因に注目している。ベンダプロフィールとそれらの企業の製品と事業の分析、2009年のベンダ市場シェアを記載している。WiMAXとLTE毎、802.16e、802.16m、LTE、LTE-Advanced毎、WiMAXとLTEの製品毎とその両方の市場予測と、チップセットの平均価格、収益を記載している。

【調査レポート】
4Gの半導体市場:エンドユーザデバイスのWiMAXとLTEベースバンドチップ
The 4G Semiconductor Market
WiMAX and LTE Baseband Chipsets in End-user Devices
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事