logo

パーソナルロボット市場

作業、セキュリティ/監視/テレプレゼンス、エンターテインメント、教育用途のロボットとロボット部品の市場

現代のロボット市場が登場して約30年経過したが、最近10年間になって総合的な機能性、管理水準、原価構造の実質的な改善が達成されてきた。米国調査会社ABIリサーチは、技術、投資、経済的要因があいまって、ロボット市場とくに個人向けロボットが急速に成長するだろうと確信している。その頃にはロボット技術とロボット市場の商用化が進み、セキュリティの強化や遠隔操作、エンターテインメントや教育の目的でロボットを利用する人が増加して購入が継続し、1980年代後半から1990年代前半のPC市場に類似してくるだろう。この最新のパーソナルロボットに関する調査レポートは、様々な機種のロボットに使用されているプロセッサ、マイクロコントローラ、カメラ、センサ、マニピュレータ、ディスプレイ、ソフトウェア、通信技術とモバイル技術がどのように機能しているかを解説している。パーソナルロボットのそれぞれのカテゴリーと主要な部品の技術毎の出荷数と収益を、世界と主要地域毎に2017年まで予測している。ベンダの市場勢力図、ビジネスモデル、技術開発、現在達成されている技術などを分析し、幅ひろいパーソナルロボット市場のそれぞれの成功の見通しを評価している。

【調査レポート】
パーソナルロボット市場:作業、セキュリティ/監視/テレプレゼンス、エンターテインメント、教育用途のロボットとロボット部品の市場
Personal Robotics
Task, Security and Surveillance/Telepresence, Entertainment, Education Robots and Components
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事