logo

インターシル、デジタルIPビデオ・サーベイランスの普及を加速するSLOC(Security Link over Coax)ソリューションを開発

Tokyo, Oct 5, 2010 - (JCN Newswire) - インターシル(本社:米国カリフォルニア州ミルピタス、NASDAQ:ISIL)は2010年10月4日(米国時間)、一本の同軸ケーブルでアナログCVBS信号[*1]とデジタルIPビデオ信号の両方を同時に伝送できる、最新のモデム・ソリューションを発表しました。


インターシルの子会社であるテックウェル社が開発したSLOC(TM)(Security Link over Coax)テクノロジを採用したソリューションであり、ビル内に新たな配線を敷設することなく、あるいはケーブルを交換することなく、既設のCCTV[*2]同軸ケーブル環境のままで高画素のIPカメラが利用できるため、IPカメラの設置コストの抑制やケーブル資源の有効活用が図れます。合わせて、既設の同軸ケーブル環境にデジタルIPカメラを追加した場合でも、既存のCCTVサービスに影響を与えません。さらに、アナログCVBSビデオ信号を同時に伝送するため、遅延のない生映像を表示できるほか、デジタルIPカメラをコントロールすることが可能です。サーベイランスカメラ・システムを開発しているメーカーは、同チップセットをご採用することで、遅延のないアナログCCTV機能とネットワークIP サーベイランス機能の両方をサポートする、ハイブリッド型で効率的なサーベイランス・システムを構築することが可能になります。


今回発表したモデム・ソリューションは、SLOC対応のカメラモデムPHYデバイスであるTW3801と、SLOC対応のレシーバモデムPHYデバイスであるTW3811とで構成されます。インターシル/テックウェルのテクノロジが搭載されたTW3801とTW3811によって、セキュリティ・サーベイランス業界において、従来のアナログCCTVシステムからIPセキュリティシステムへのシームレスな移行が実現されることが見込まれます。また、SLOCは敷設済みの同軸ケーブル環境をそのまま活用しながらネットワークIP接続によるサーベイランスを実現するため、IPカメラやデジタル・ビデオレコーダ(DVR)の設計を大幅に変更する必要がありません。


TW3801とTW3811は、アナログ・フロントエンド(AFE)、デジタルモデム、および2系統のイーサネットMMI(media independent interfaces)で構成されるモデムPHYサブシステムを高度に集積したデバイスです。モデムPHYデバイスのTW3801は、アナログCVBS信号とイーサネットMII信号を受信し、これらふたつの信号を内部で統合して、同軸ケーブルに適した独自仕様の単一信号を出力します。レシーバのTW3811は、SLOC対応のカメラモデムPHYデバイスTW3801が出力するSLOC信号を受信し、アナログCVBS信号とイーサネットMII信号にデコードします。このような動作により、アナログを使った既存システムを、機能が豊富で、かつ、映像遅延のないIPセキュリティシステムへとアップグレードすることが可能です。


IPカメラとレシーバ間での高性能かつ高信頼なコミュニケーションを実現するインターシル/テックウェルのSLOCソリューションがサポートする同軸ケーブルの長さは最長で500メートルです。スループットは、ダウンリンク(カメラからレシーバ)が最高36Mbps、アップリンク(レシーバからカメラ)が最高11Mbpsです。


[*1] CVBS:Color Video, Blank and Syncの略で、一般にアナログ・コンポジット信号の意味
[*2] CCTV:Closed-Circuit TVの略で、監視カメラシステムの別称


ドイツの「Security Essen 2010」でSLOC テクノロジをデモ
インターシル/テックウェルは、2010年10月5日から8日にドイツのエッセン市で開催される「Security Essen 2010」ショーに、今回発表したSLOCモデムPHYデバイスを出展します(ホールGA、ブース155)。アナログCVBSビデオ信号とデジタルHD 1080p IPビデオ信号の両方を一本の安価な同軸ケーブルで同時に伝送し、HD 1080p IPカメラから表示モニタシステムへのストリーミングを行うというデモを実施いたします。


価格と発売時期
TW3801 およびTW3811 は100 ピンのTQFP(12mm×12mm)パッケージで供給され、エンジニアリング・サンプルの提供をすでに開始しています。量産は2011 年第1 四半期を予定しています。1000個受注時のチップセット価格は35 ドルを見込んでいます。詳細については リンク をご覧下さい。製品の高解像度のビジュアルイメージは、インターシルのイメージライブラリ リンク で提供しています。


インターシルについて
インターシルは高性能なアナログおよびミクストシグナルの半導体デバイスの設計・製造を手がける世界的なリーダー企業です。インターシルの製品は、コミュニケーション、コンピューティング、コンシューマ、およびインダストリアルなど、成長著しいさまざまなマーケットを対象としています。インターシルに関する詳細情報および採用情報については、Web サイト www.intersil.com 内の企業情報ページを参照してください。


※Intersil、Intersil ロゴ、およびSLOC は、Intersil Corporation の商標または登録商標です。そのほかのブランド名、製品名、マークなどは、それぞれの権利所有者が製品やサービスを表記するために使用している商標または登録商標の場合があります。


このプレスリリースに関するお問い合わせは下記へ
インターシル|テックウェル・ジャパン株式会社
マーケティング・営業
小林則仁
〒108-0074 東京都港区高輪2-15-19 高輪明光ビル3F
TEL: 03-5488-8955 (代表)/FAX: 03-5488-8957


インターシル株式会社
シニア・マーケティング・コミュニケーションズ
宮〓
〒108-0073 東京都港区三田3-11-3 三田日東ダイビル6階
TEL: 03-5439-2311(代表)/ FAX: 03-5439-2300


株式会社井之上パブリックリレーションズ
インターシル広報担当
鈴木/リットウィン
〒160-0004 東京都新宿区四谷 4-34 新宿御苑前アネックス6階
TEL: 03-5269-2301/FAX: 03-5269-2305

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。