logo

自動車のテレマティクス

内蔵型、ハイブリッド、統合ソリューション

消費者向けのテレマティクスシステムに対する、自動車の位置特定の利便性や、通信技術による安全性、セキュリティ、メンテナンス、便利、インフォテインメント、コスト削減などの認識が高まっている。トヨタ自動車は、2009年に米国と中国でテレマティクスサービスを開始し、フォード社は米国でのSYNCサービスを拡大して、欧州にも進出の予定である。欧州やブラジルでは、政府による規制が重要な促進要因である。この調査レポートは、消費者向けテレマティクスのハードウェアのフォームファクタ、機能、市場傾向、市場促進要因と阻害要因を分析している。テレマティクスのエコシステムとバリューチェーンを解説し、戦略的な助言を行っている。内蔵型とハイブリッドのOEM、アフターマーケット、ポータブル、統合システムとサービスの、地域毎の出荷数と収益の予測も行っている。


【調査レポート】
自動車のテレマティクス:内蔵型、ハイブリッド、統合ソリューション
Automotive Telematics
Embedded, Hybrid, Portable, and Converged Solutions
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。