logo

中学受験専門家庭教師センターによる「広尾学園中学校・高等学校 入試説明会(H22.9.16)」参加レポートを発表!

中学受験専門家庭教師【代々木進学会】教務課長 成澤公彦による報告です。

広尾学園は今から4年前、それまでの順心女子学園から共学化、また、進学校として新しいスタートを切った。
その変化は他校によくある共学化とはまったく一線を隠す。校名も、女子教育への感慨も、教育プログラムも、人材も一切を一から見直すところから学園は生まれたのだと思う。全てが生まれ変わった学園で、唯一かつての順心女子学園の面影を見出すのは中庭の欅の木くらいと言ったら大げさだろうか。

しかしそれは、私には大変潔い決断だったと感じている。加速度を増して大きく変化する社会に適応し、更には次の時代の私学教育の先陣を切ろうともなれば中途半端な感傷は返って仇となるのは必至である。

実際、広尾学園は一つモデルを構築したと私は感じている。
繰り返し学習として、個々の学習進度に応じて実施される毎朝の小テスト及び結果分析に基づく課題発信を行う「P.L.Tプログラム」も、より高次な学力養成を目指して自由に講座選択が可能な「土曜特別講座」も、その仕掛けの巧妙さ完成度の高さは数ある私学にあって出来そうで適わなかった精巧なものである。

そして、その仕掛けを使いこなす人材、すなわち教師陣の研鑽振りもまた見事である。「生徒に面白いと感じさせる授業」「生徒を魅了し、将来の方向性まで感化できる授業」こうした授業作りに彼らは余念がない。大学の過去問を解き、教員同士が模擬授業を展開する。効果的な板書のとり方等、お互いの成功例、失敗例を共有し工夫を繰り返す。

こうした教師陣が生み出す学習環境とは…そこには大橋 清貫学園長が掲げる「卒業生に将来、今があるのは広尾の6ヵ年があってこそと言ってもらえる環境」その言葉に他ならないのだと感じるのである。

2011年3月には生物・物理・化学、それぞれの分野の三つのサイエンスラボを備えたサイエンスストリートが完成する。また、来春より高校に医師・サイエンスコース(IS)も立ち上がる。

ますます魅力増す広尾学園を体感していただくには、是非文化祭「けやき祭」を見ていただくと良いと思う。
そこには生徒個々の生き生きとした。また可能性に満ちた伸びやかな姿があるはずである。

けやき祭
広尾学園中学校 ― 10月9日(土)10日(日)10:00~15:00
広尾学園高等学校― 10月2日(土)3日(日)10:00~15:00


* 終了後、構内見学会、個別面談があった。
* 参加者は、約70名であった。


********************************************
↓他にも多数の中学校入試説明会のレポートを公開しています。
リンク

■会社概要
商号/株式会社 進学教育社
代表者/代表取締役 西内 識晃
所在地/〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-60-11 東興本社ビル8F
事業内容/
【塾講師アルバイト紹介】塾講師キャリア リンク
【私学教員・塾講師派遣】EMPS リンク
【中学受験専門家庭教師】代々木進学会 リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事