logo

OKI、カラーLEDプリンタで2010年グッドデザイン賞を受賞

Tokyo, Oct 1, 2010 - (JCN Newswire) - OKIグループのプリンタ事業会社OKIデータ(社長:杉本晴重、本社:東京都港区)は、このたび、2010年5月発売の小型・高速カラーLEDプリンタ「C530dn」と「C510dn」の2機種で、2010年グッドデザイン賞を受賞しました。


グッドデザイン賞は、1957年にスタートした、わが国で唯一の総合的デザイン評価・推奨の仕組みです。財団法人日本産業デザイン振興会が主催し、産業、文化、デザインなどの分野で優れた学識と知見を有する方々による「審議委員会」の助言と了解のもとに運営されています。


受賞商品である「C530dn」、「C510dn」は、ビジネス・プリンタに要求される、機能的でクリーンなたたずまい、たよりになる存在感、流行に左右されずオフィス環境と調和する美しいデザインを実現しています。また、ユーザの創作活動を助け業務効率を上げる、オペレーションとメンテナンスの容易さを兼ね備えています。今回の受賞においても、「カラープリンタを全体に、薄くシンプルで嫌味のない形状とした。また、トナー部がきれいで、取り出し方など分りやすいデザインである。」とデザインコンセプトが優れていることが高く評価されました。


OKIは、独自のLED技術により、プリンタの高速化と小型化を進めてきました。受賞商品である「C530dn」、「C510dn」は、自動両面印刷機能を搭載しながら、高さわずか24.2cmと世界最薄(注)を実現しています。従来各色で独立していたイメージドラムユニットを一体型にし、各色それぞれにあった廃トナーボックスを1カ所にまとめたことで、従来機種と比較して高さで約10cm、容積で約4割の大幅削減と、使い勝手の向上に成功しました。


OKIのプリンタと複合機は、機能性や使い勝手を含むプロダクトデザイン戦略として、SIMPLE、SMART、SOLIDの三つのSのキーワードに基づき商品デザインを行うプロダクトデザインコンセプト「S3(エス・キューブ)」を策定しています。 このたび受賞した「C530dn」、「C510dn」も、S3に基づきデザインされた商品です。今後もS3のコンセプトのもとに、オフィス環境に最適なデザイン開発を進め、価格、印刷速度、環境性能以外にも高い付加価値と魅力的なデザインを兼ね備えた商品戦略を展開していきます。


詳細は下記URLをご参照ください。
リンク


注: カラーLED/レーザープリンタの高さにおいて(オペレーションパネルの突起部含まず)。2010年9月現在。当社調べ。


概要: 沖電気工業株式会社
OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 リンク


本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
OKI 広報部
田中
電話:03-5403-1247
e-mail:press@oki.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。