logo

EMCジャパン、業界初の最先端技術を採用した 新ストレージ・ゲートウェイの発売を開始

シングル・ノードのNAS製品で高いパフォーマンスを記録,
他社のデュアル・ノード製品に比べ、2倍のワークロード処理が可能

EMCジャパン株式会社(略称:EMCジャパン、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:諸星 俊男、URL:リンク)は、新しいストレージ・ゲートウェイである「EMC Celerra VG2」および「EMC Celerra VG8」の発売を開始しました。高効率で簡素化されたソフトウェア機能を搭載し、業界初の最先端技術を採用したストレージ・ゲートウェイを本日より提供開始します。
今回発表したストレージ・ゲートウェイ「Celerra VG8」は、アクティブなブレード1つで構成されており、少ないシステム構成でありながら、2つのアクティブなNASヘッドで構成された競合製品に比べて、高いパフォーマンスを発揮し、2倍のワークロードを処理できます。
これは、標準性能評価法人「SPEC(R)」(※1)の指標「SPECsfs2008_nfs.v3」(※2)の結果により報告されています。
また、同結果では、1つのブレードで構成された「EMC Celerra」のパフォーマンスが、2つのブレードで構成された競合製品を13%上回ることを示しています。この結果、お客様は、多くのワークロードをNASゲートウェイ「Celerra VG8」(VMware仮想マシンを含む)に統合することで、競合製品に比べて効率的にNASゲートウェイを拡張できます。

さらに、「Celerra」はモジュラー式のアーキテクチャを採用しているため、最大8つのブレードを構成することができ、極めて高いレベルのパフォーマンスと拡張性を実現します。「Celerra」の高い可用性を実現するアーキテクチャは、障害が発生した場合でも、ホットスタンバイ Xブレードを使用してパフォーマンスを維持できます。このEMCのアプローチにより、お客様は、アクティブなXブレードをフル活用でき、高い使用率を実現します。
なお、今回発表したストレージ・ゲートウェイには、業界で初めて最先端64ビット Intel Xeon(R) 5600プロセッサを採用しています。

■販売と価格:
「Celerra VG2」と「Celerra VG8」は本日より、EMCジャパンおよびEMCジャパンの販売パートナーを通じて提供されます。
「Celerra VG2」:最小構成373万円~(税込)
「Celerra VG8」:最小構成1,566万円~(税込)

■製品写真:
「Celerra VG2」リンク
「Celerra VG8」リンク

※1:SPEC(標準性能評価法人:Standard Performance Evaluation Corporation)は、
「最新世代となるコンピューティング・システムのパフォーマンスの評価」を目的に、標準化された指標を策定、維持、保証する非営利団体です。この団体は、世界中の70を超える大手コンピュータ・ハードウェア/ソフトウェア・ベンダー、教育機関、調査団体、政府機関で構成されます。

※2:「SPEC(R)sfs2008」は、「SPEC」が発行しているネットワーク・ファイル・システムのパフォーマンスを測定する新しい指標です。

「SPECsfs2008_nfs.v3」の結果(英文):
リンク

■EMCジャパン株式会社について
EMCジャパンは、あらゆる規模のお客様が、競争優位に立ち、情報からさらなる価値を創出することを可能にするために、情報インフラストラクチャ・テクノロジーとソリューションを開発、提供する世界のリーディング・カンパニーであるEMCコーポレーションの日本法人です。EMCの製品やサービスに関する情報については、以下のWebサイトをご参照ください。
リンク

本件に関するお問い合わせ窓口
■EMCジャパン株式会社  マーケティング・コミュニケーション部
広報マネージャ 武村綾 Tel: 03-5308-8888 (代表)/ 03-5308-8867(直通)
E-mail: japanpr@emc.com

EMC、Celerra、は、米国EMCコーポレーションの登録商標または商標です。
これらの商標は、日本または諸外国で商標登録等により、適用法令で守られている場合があります。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。 

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。