logo

今後拡大するスマートカード市場

インドの調査会社RNCOS社の出版レポート「世界のスマートカード市場調査 2010年:主要国毎の市場動向、分析、関連企業、将来予測 - Smart Card Market Forecast to 2012」のプレスリリースにおいて、スマートカードの世界の出荷数は2009-2013年にCAGR約11%で成長する、との予測結果を発表しました。

インドの調査会社RNCOS社の調査レポート「世界のスマートカード市場調査 2010年:主要国毎の市場動向、分析、関連企業、将来予測 ー Smart Card Market Forecast to 2012」は、世界のスマートカード市場は、様々な産業分野でのスマートカードの用途が拡大し、その利便性についての認識が高まったことから、過去数年間成長が継続してきたと報告している。この調査レポートは、スマートカードの世界の出荷数は2009-2013年にCAGR約11%で成長すると予測している。スマートカードの利用の拡大のためには、重要な要因がいくつかある。これらの要因に関する詳細な見解を記載している。


技術の柔軟性や堅牢さが向上したため、世界のスマートカードのプロジェクトの数は急増している。さらに、非接触スマートカード用のチップも、予測期間中大きく成長するだろう。特に少額決済や電子パスポートの分野では、驚くべき大成長が予測されている。


交通、公共機関、金融サービスなどの様々な産業分野でのスマートカードの用途においても大きな収益が見込まれる。


この調査レポートは、国毎に分析を行い、それぞれの国で今後大きな成長が見込まれ、ビジネスチャンスを拡大するのはどの市場かを特定している。また、主要企業の特定とその分析も行っている。


この調査レポートは、マイクロプロセッサ、メモリ、非接触型スマートカードなどのすべての主要な技術を分析している。さらに、最新の市場傾向や開発状況、成長を促進する要因などを記載している。


【調査レポート】
世界のスマートカード市場調査 2010年:主要国毎の市場動向、分析、関連企業、将来予測
Smart Card Market Forecast to 2012
リンク

◆インド市場調査会社 RNCOS社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。