logo

クレジットカードのセキュリティ国際基準「PCI DSS」認定を取得

-ITサービス企業が提供するクレジットカード共同利用型サービスの取得は国内初-

株式会社日立情報システムズ(取締役社長:原 巖、本社:東京都品川区大崎、以下 日立情報)は、クレジットカードの情報セキュリティに関する国際基準「PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard、以下 PCI DSS) Ver1.2」の準拠認定を取得しました。ITサービス企業が提供するクレジットカードの共同利用型サービスがPCI DSSの準拠認定を取得したのは、国内初です。

PCI DSSは、クレジットカード業界の国際大手5社が共同で設立したカード会員データの保護に関する世界標準のセキュリティ基準です。今般、日立情報では、「カード発行企業向け共同利用型対外接続サービス(注1)」、「クレジットカード総合管理ソリューション(注2)」の2分野でPCI DSSに準拠していると外部認定機関(注3)より認定されました。PCI DSSの準拠認定は、国内ではクレジットカード会社をはじめネットワークサービス会社、印刷会社、ECサイトを中心に取得が促進されていますが、システム構築・運用などのITサービスを提供する企業がクレジットカードの共同利用型サービスで取得したのは国内で初めてです。
 日立情報では、クレジットカード会社のシステム構築・運用に長年携わってきた経験と業務知識・ノウハウに加え、システムの重要なインフラであるネットワークサービスの分野でも、高度な技術力と豊富な実績を有しています。また、セキュリティの分野でも、セキュリティソリューション「SHIELD(シールド)」により、システムやネットワークの脆弱性検査など、高度な技術力を生かした各種サービスを幅広く提供しています。
 今回の準拠認定は、こうした日立情報のクレジットカードシステムに関わる業務経験とネットワークサービスの実績、高度なセキュリティ技術などがトータルに評価されたものです。
 今後も日立情報では、定期的に外部認定機関の監査を受けることによりPCI DSSへの準拠を維持するとともに、セキュリティをはじめとするトータルソリューション力を活かして、カード会員の皆様が安心して利用できるクレジットカードシステムの構築・運用に努めてまいります。


今後も日立情報では、定期的に外部認定機関の監査を受けることによりPCI DSSへの準拠を維持するとともに、セキュリティをはじめとするトータルソリューション力を活かして、カード会員の皆様が安心して利用できるクレジットカードシステムの構築・運用に努めてまいります。

(注1)カード発行企業向け共同利用型対外接続サービス: カード発行企業が外部ネットワークと接続する際に必要なシステムを共同化したもの。本サービスの利用により、カード加盟店はリアルタイムな与信照会が可能。詳細は、当社公式Web「(リンク)」を参照下さい。
(注2)クレジットカード総合管理ソリューション(仮称):クレジットカード共同利用型システムを中核とするソリューションサービス。2010年10月に発表予定。
(注3)外部認定機関: PCI DSSの基準を制定したPCI SSC(Payment Card Industry Security Standards Council)が認定した機関。


◆印刷用はこちら(PDF)から
リンク
◆関連サイト:カード発行企業向け共同利用型対外接続サービスリンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。