logo

ネイキッドテクノロジーのケータイ向けTwitter閲覧アプリ『twittie(ついってぃー)』、『twi コンシェル β版』と連携

~待ち受け画面に、Twitterの返信・ダイレクトメッセージのお知らせを表示~

URL: リンク

ソーシャルメディアのユーザビリティを最大化する株式会社ネイキッドテクノロジー(本社:東京都港区、代表取締役:菅野龍彦)は、自社Twitterクライアント『twittie(ついってぃー)』と株式会社アイリッジ(所在地:東京都新宿区、代表取締役:小田健太郎)が提供するサービス「twi コンシェル β版」との連携を本日より開始します(NTTドコモ端末対応)。

今回の連携により、自分のTwitter アカウント宛に投稿された返信やダイレクトメッセージが携帯電話の待受画面上にお知らせ表示されます。待受画面上で届いたメッセージを選択すると『twittie』が起動し、タイムリーに返信することができます。

■連携サービスの利用準備
1) ケータイに『twittie』をダウンロードし、Twitterアカウントを登録
リンク

2) twiコンシェルのサイトにアクセスし、自分のTwitterアカウントを登録
リンク

3) 登録時、返信やダイレクトメッセージが届いた際のリンク先に『twittie』を設定

■連携サービスの利用イメージ
1) 携帯電話の待ち受け画面上で、返信やダイレクトメッセージを確認
2) 返信やダイレクトメッセージを選択して『twittie』を起動、通常のTwitter利用と同様にツイート

『twittie(ついってぃー)』は、ネイキッドテクノロジーのマルチプラットフォーム「Colors*」を利用して開発されています。今後もネイキッドテクノロジーは、『twittie』利用者の皆様へのより快適なユーザー体験提供に向けて、自社サービスの開発、並びに外部の優れたサービスとの連携を進めて参ります。

*文末の「Colors」とは をご覧下さい
※「twi コンシェル」の利用には、事前にNTT ドコモの「i コンシェル」サービスの契約が必要です。

以上
■このプレスリリースに関するお問い合わせ
株式会社ネイキッドテクノロジー 広報担当 press@naked-tech.com

このプレスリリースの付帯情報

連携サービスの利用イメージ

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

■「twi コンシェル β版」とは: リンク
あなたのTwitterアカウント宛てに返信やダイレクトメッセージが届くとすぐに、携帯マチキャラが「お知らせ」してくれるサービスです。

■『twittie(ついってぃー)』とは: リンク
Twitterをサクサク快適に使える無料携帯アプリです。Twitter関連サービスとの連携を行っており、『twittie』上から、「Twib(ツイブ)」「togetter」「ふぁぼったー」「Q&Aなう」「buzztter」「twilog」「tweetbuzz」「有名人ツイッターランキング」「twitプロフ」、「ツイッターアイコンメーカー」そして今回の「twi コンシェル β版」と、現在11のサービスが利用可能です。今後も『twittie』からシームレスで簡単に利用が可能な提携先を増やして行きます。

■「Colors」とは: リンク
ネイキッドテクノロジーが独自に開発した携帯電話向けアプリケーション開発の基盤技術です。独自のスクリプト言語により記述された拡張タグをHTMLに追加するだけで、優れたユーザーインターフェースを持つ携帯電話向けアプリケーション開発が可能です。ColorsはNTTドコモ、au、SoftBankの主要な端末で動作し、1つのソースコードで複数キャリアに対応することが可能です。

■株式会社アイリッジとは: リンク
インターネットを活用し、世の中を「楽しく」「便利に」するサービスを展開している会社
です。主なサービスとして、
・i コンシェル配信ASP『pop info(ポップインフォ)』
リンク
・i コンシェル対応のスケジュール共有モバイルサイト『みんなでスケジュール』
リンク
などを展開。

■ ネイキッドテクノロジーとは: リンク
ネイキッドテクノロジーは、独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)が主催する「未踏ソフトウェアプロジェクト」に採択されたソフトウェア開発者が中心となって創業した、技術ベンチャー企業です。創業者が東京大学大学院、慶応義塾大学大学院在学中の2006年10月に創業以来、携帯電話向けの技術基盤の開発を続け、2010年5月には東京大学エッジキャピタルへ1億円の第三者割当増資を実施しました。独自に開発した携帯電話向けアプリケーション開発プラットフォーム「Colors」を利用し、ソーシャルコミュニケーションのためのアプリケーションの開発やコンテンツ流通の新たなプラットフォームの確立に向けたサービス開発を行っています。

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。