logo

ペイメントファースト、無料カート付きオンラインクレジットカード決済サービスを提供開始

Tokyo, Sept 9, 2010 - (JCN Newswire) - OKIグループの決済サービス会社であるペイメントファースト(社長:毛利 誠二、本社:東京都港区、以下ペイメントファースト)は、無料カート(注1)付きオンラインクレジットカード決済サービス「eクレ-V 0円無料カートプラン」を、オンラインショップ事業者(以下、事業者)向けに本日より提供開始します。ペイメントファーストのオンラインクレジットカード決済サービス「eクレ-V」(注2)を、株式会社エンターテック(代表取締役社長:キム ジュヨン、本社:東京都新宿区、URL: リンク 、以下エンターテック)が提供する高機能ネットショップ構築システムASPサービス「ワイズカート」(注3)と連携させることにより、利便性をより強化した新サービスとして実現しました。本サービスにより、オンラインショップを始める事業者はショップ構築と決済サービスを同時にスピーディに導入し、高機能・高セキュリティのオンラインショップの構築・運営を低コストで実現することができます。


ペイメントファーストでは、インターネット上で運営されているオンラインショップ事業者向けに、クレジットカードデータの中継、売上データの作成・伝送、売上金の収納といったオンラインクレジット決済に関わる代行業務を行う「eクレ-V」を、2003年より提供してきました。事業者がシステム構築を行うことなくわずかな作業によって、低コストで迅速にクレジット決済を導入することを可能としたもので、3-Dセキュア(注4)準拠の本人認証サービスインにもいち早く対応した高セキュリティなサービスとして、高い評価を受けてきました。


しかしながら事業者にとり、新規にオンラインショップを構築するにあたっては、ショップ構築と決済サービス導入のそれぞれ個別の契約が必要となる煩わしさがあり、またシステム連携に手間と時間がかかる場合がありました。


そのためペイメントファーストは、オンラインクレジットカード決済サービス「eクレ-V」を、ネットショップ構築システムASPサービスとして定評のある「ワイズカート」と連携させた「eクレ-V 0円無料カートプラン」を、新たなサービス商品として用意しました。オンラインショップを開設する事業者は「eクレ-V 0円無料カートプラン」に申し込むだけで、決済サービス「eクレ-V」とネットショップ構築サービス「ワイズカート」を併せて利用することができます。ショップ構築とカード決済が連携していますので、システム連携の開発も必要なくスピーディにオンラインショップを開店することができます。また、毎月のカート利用料が無料のため、低価格でのショップ運営が実現できます。


ペイメントファーストは、事業者の売上向上と共にコストダウン、利便性も追求した本サービスにより、オンラインショップの発展に貢献していきます。


【販売計画】
標準価格(税込):
- 初期費用: 10,500円
- 月額費用: (決済利用)5,250円(カート利用)無料
- 処理手数料: 決済処理1件あたり15.75円
- カード手数料率: 4.5%(VISA、Master、JCB、AMEX、Diners)
※決済サービス利用にあたり、カード会社の審査があります
- 販売時期: 2010年9月9日
- 販売目標: 300社/2010年度


【本サービスの紹介サイト】
リンク


【用語解説】
注1: 無料カート
オンラインショッピングにおいて利用者が買いたい商品を一時的にリストアップできる“ショッピングカート”の機能を、事業者向けに無料で提供します。


注2: eクレ-V(イークレブイ)
ネット上でビジネスを行うオンラインショップ事業者がシステム構築を行うことなく、あるいは決済呼び出し機能を組み込むわずかな作業によって、低コストでスピーディにクレジット決済を導入できることを実現した、ペイメントファーストのオンラインクレジット決済サービスです。決済サービスに必要な充実した機能に加え、3-Dセキュア準拠の本人認証サービスに標準で対応した高セキュリティ性を実現しています。紹介サイト: リンク


注3: ワイズカート
エンターテックの、オンラインショップ構築ASPサービスです。ネットビジネスに必要な受注・在庫管理の仕組みや、色・サイズなど商品オプションの対応、受注時の自動返信メール設定、メルマガの発行、プレゼント実施機能、会員ポイント制、SEO対策、アフィリエイト対応、SSL、サブ管理者設定、IPアドレスによる管理画面ログイン制限など多彩な機能を提供しています。紹介サイト: リンク


注4: 3-Dセキュア
オンラインショッピングの際、発注者のクレジットカード番号と有効期限に加え、本人の専用パスワードを、利用者とカード発行会社の間でやりとりし、カード発行会社が直接本人確認を行うことにより、なりすましなどの不正取引を防止し、安全なクレジット決済を実現する認証の仕組みです。ビザ・ワールドワイドが開発し、MasterCardやJCBでも採用されています。



概要: 沖電気工業株式会社
OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 リンク


本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
OKI 広報部 村川
電話: 03-5403-1247
e-mail:press@oki.com


本件に関するお客様からのお問い合わせ先
ペイメントファースト マーケティンググループ
電話: 03-3454-6047
URL: リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。