logo

SARI、Daouda Camaraを取締役に任命したことを発表

Hong Kong, Sept 7, 2010 - (JCN Newswire) - SARIは、Daouda CamaraをSky Alliance Ressources Guinee S.Aの社長およびSky Alliance Resources Incの会長に、任命したことを発表します。Daouda Camaraは、過去30年以上にわたって、官民どちらのセクタでも成功を続けてきた素晴らしい経歴があります。2004年~2008年には、6人の首相の内閣で部長職を務めました。Camaraはまた、1978~1984年にはIron Ore Mining Company of Guinea Mifergui-Nimbaの取締役会事務局長および管理・法務部長を務め、1997~2002年にはNational Electricity Board (ENELGUI)の社長を務め、1994~1997年にはSociete des Bauxites de Kindiaの取締役会長を務め、1986~1997年には天然資源・エネルギー・環境省の法律・財務顧問を務めました。この期間に、Camaraは、ギニア共和国の現行鉱業法の作成・公正・起草に協力しました。この法律は、BOT法、電力事業権協定、ダイヤおよび金の規制などを扱っています。


Camaraはまた、大手国際企業および法律事務所の、法律専門家や法律顧問も務めました。このような能力を活かし、商業・財務・業界関係の各種交渉、プロジェクト資金調達、官営企業の再編と民営化、国際仲裁(ICC)、インフラの民間資金調達、鉄鉱石、ボーキサイト、アルミナ、ダイアモンド、金、ガスおよび石油などの鉱物契約および鉱物・原料販売契約などを実施してきました。彼には、エネルギー、水資源および環境関連の経験もあります。


Camaraは、White and Caseニューヨークおよびパリ事務所、Sherman and Sterling、Elliot and Stikemanカナダ事務所、Gide-Loyrette-Noel、Condert Freresパリ事務所、Pechiney、Alcoa Alcan、Debeers、Ashanti Gold、EDF-SAUR International、Hydroquebecなどの企業や法律事務所のために働いてきました。


Sky Alliance Resources Inc. (SARI)社長兼CEOのGuy Duportは次のように述べました。「ギニアの人々に官民両分野で素晴らしいサービスを行ってきたCamara氏の経験は、SARIとギニア共和国の間に今後長く続くパートナーシップの基礎を築くというSARIの目標のために、欠かせないものです。弊社経営陣にCamara氏をお迎えできてうれしく感じています。氏とともに、業界で唯一の製品を生み出していくことを楽しみにしています。」


Camaraは、パリのSchool of Mines、ワシントンDCのジョージタウン大学、およびギニア共和国の国立大学などで、資格や学位を取得しています。


SARIは、鉱業およびコンサルティングを行っている国際的な個人所有企業で、香港に本社があり、英領バージン諸島に登記されています。SARIは、アジア金属業界に大きな投資機会を創出すると同時に、持続可能で透明性の高いFDIを西アフリカに提供するため、2006年12月に創立されました。


広報担当:
Chris Lyon
マーケティングマネージャー
住所:
c/o. Trendfield Holdings Ltd
1203, Block C, CITC Tower,
A6 Jianwaidajie, Chaoyang District,
Beijing, P.R. China
電話(オフィス): +86-10-8567-9215

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。