logo

スマートガスメータは2016年には世界で3600万台が普及

米国の市場調査会社パイクリサーチ社が出版レポート「スマートガスメータ市場調査:ガスグリッド向け高度スマートメータの成長促進要因、ビジネスモデル、技術動向、主要関連企業、市場予測 - Smart Gas Meters:Advanced Metering Infrastructure for the Gas Grid: Growth Drivers, Business Models, Technology Issues, Key Industry Players and Market Forecasts」のプレスリリースにおいて、世界のスマートガスメーター市場は急速に成長し、導入数は2009-2016年に850万から3630万になるだろう、との予測結果を発表しました。

スマートメーターは電力会社のスマートグリッド採用によってよく知られるようになったが、ガス会社のAMI(高度計測インフラ)の重要性が高まっていることはあまり知られていない。世界のガス会社の市場は、電気のスマートグリッドを追いかけるように、ネットワーク、通信、計測デバイス、実験計画、そしてスマートガスメーターの導入を更新している。米国の環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「スマートガスメータ市場調査:ガスグリッド向け高度スマートメータの成長促進要因、ビジネスモデル、技術動向、主要関連企業、市場予測 ー Smart Gas Meters:Advanced Metering Infrastructure for the Gas Grid: Growth Drivers, Business Models, Technology Issues, Key Industry Players and Market Forecasts」は、世界のスマートガスメーターは急速に成長し、2009-2016年に850万から3630万になるだろうと報告している。


「電気のスマートグリッドに注目が集まっている一方で、天然ガスグリッドは'もうひとつのグリッド'と呼ばれてきた。しかし、注目度が低く、アメリカ連邦の景気刺激法案からの基金も受けなかったものの、スマートガスグリッドには、ガス会社、特にガスと電気の両方のインフラをもつユーティリティ企業などの注目が高まっている」とパイクリサーチ社のアナリストJevan Fox氏は語る。


Jevan Fox氏は、ガス会社がAMI導入を促進する要因として、下記の項目を挙げている。
 ●メータ読み取りための労働コストの削減
 ●メータ読み取り頻度と正確さの向上
 ●供給停止検知
 ●出力品質のモニタリング、供給停止防止、供給計画
 ●盗難防止
 ●遠隔切断
 ●カソード防食(陰極防食)


パイクリサーチ社は、欧州がスマートガスメーターの最大の市場であり、2016年に導入数は1350万、次は北米で1220万になるだろうと予測している。アジア太平洋地域とラテンアメリカも、ガスのAMIの重要な市場であり、主要な国々でのガスインフラと加入者の急速な成長が見込まれる。


この調査レポートは、世界と地域毎のスマートガスメータの詳細な市場傾向を調査し、ガスメータとネットワークの接続のための新しい技術と規格の分析、主要企業の詳細、2016年までの世界の主要な市場毎の予測を提供している。


【調査レポート】
スマートガスメータ市場調査:ガスグリッド向け高度スマートメータの成長促進要因、ビジネスモデル、技術動向、主要関連企業、市場予測
Smart Gas Meters
Advanced Metering Infrastructure for the Gas Grid: Growth Drivers, Business Models, Technology Issues, Key Industry Players and Market Forecasts
リンク

◆米国市場調査会社 パイクリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。