logo

新講座「iPhoneアプリ開発初歩セミナー じゃんけんゲーム開発にチャレンジ」を開講

セミナー受講時のMacも用意されているので、iPhoneアプリ開発を体験し、iPhoneアプリ開発にチャレンジしてみましょう。

iPhoneアプリの開発をしてみたいと思っている人は大勢いますが、どう勉強して良いのか?自分でも出来るのか?と、なかなかチャレンジ出来ないでいる方に向けて、1日でiPhoneアプリ開発の初歩の学習とアプリ開発体験が出来るセミナーを開講します。

今や大人気のiPhoneやiPadですが、App Storeで販売されている多くのアプリケーションを利用だけでなく、自分でもアプリケーションを開発してみたいという方が多くなってきています。

自分で利用するためだけのアプリと言うだけではなく、開発したアプリをApp Storeで販売することで一攫千金も夢ではありません。

アプリ開発というと難しいというイメージがありますが、確かにアクションゲームなど複雑な処理を必要とするアプリは一朝一夕では開発することはできません。

しかし、App Storeで人気のあるアプリをみると実はそれほど実現するのには難しくないというアプリも多く見られます。

つまり、アプリの難易度が高ければ売れると言う訳ではなく、アイディア次第であると言えます。

iPhoneアプリを開発するために用いるiPhone SDKは、非常に優れたフレームワークであり、それほどプログラムを書かなくても実用的なアプリを開発することができます。

本セミナーでは、初歩的なiPhoneアプリ開発の学習を通して、簡単な「じゃんけんゲーム」の作成にチャレンジして頂きます。
(iPhoneアプリ開発に必要なMacはご用意いたします)

このセミナーを通して、iPhoneアプリ開発に興味を持って頂ければと思います。

■概要および受講対象者
本セミナーは、プログラミング経験がなくとも受講可能なセミナーとなっています。
初歩的なiPhoneアプリ方法の解説と、制作物として「じゃんけんゲーム」を作成して頂きます。

iPhoneやiPadのアプリケーション開発に興味がある方が対象となります。

■カリキュラム

1. iPhoneアプリケーションを開発するため基礎知識

2. 各種コントールの利用法をサンプルアプリで学ぶ

3. じゃんけんゲームを作成する

■本セミナーの詳細
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。