logo

【レポート販売】「iPadのビジネス活用事例と分野別市場動向」

~タブレットPCにおける業務用ビジネス分析~

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐幹 東京都中央区)は、エレクトロニクス・ITと医薬・医療・バイオの2分野を中心に様々な調査を行っている株式会社シード・プランニング(代表取締役 梅田佳夫 東京都台東区)が提供する「iPadのビジネス活用事例と分野別市場動向」を販売開始しました。

報道関係者各位

平成22年8月30日
株式会社クロス・マーケティング
(東証マザーズ 3629)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「iPadのビジネス活用事例と分野別市場動向」を販売開始

  ~タブレットPCにおける業務用ビジネス分析~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐幹 東京都中央区)は、エレクトロニクス・ITと医薬・医療・バイオの2分野を中心に様々な調査を行っている株式会社シード・プランニング(代表取締役 梅田佳夫 東京都台東区)が提供する「iPadのビジネス活用事例と分野別市場動向」を販売開始しました。

詳細URL:リンク


■■ 商品概要 ■■

◇iPadのビジネス導入事例(4分野、36事例)一覧および分析
・ 医療・薬品(臨床研究用、治療支援システム、MR用、CTなどの検査画像用など)
・ 教育・文化施設(生徒・教職員用、教育ポートフォリオ用、図書館利用、絵本など)
・ サービス業(美容サロン、ドレスショップ、結婚式場、銀行、自動車保険など)
・ その他(営業支援ツール、不動産情報、衣料品販売通販、映画館チケットなど)

◇iPad 導入企業事例分析!(15社の導入理由、ビジネスモデル、実績、今後)
・ 参入動機(「iPadが話題で導入する企業」と「情報システムの一環での導入」に分類)
・ 戦略・ビジネスモデル分析
   中古車販売業者は新たに営業マン用に導入、
   美容サロンはノートPCよりiPadがお客様に見せやすい、
   大学は出席簿や電子教科書に
・ 窓口での待ち時間を利用した、金融商品のシミュレーションツール

◇現状のiPad 用ビジネスアプリケーションにおける課題と今後の展望
◇タブレットPC(スレート端末)におけるiPadの位置付けと各社戦略
◇iPadビジネス活用事例の主要分野別の特徴と有望分野市場動向分析

Appleが日本でも多機能情報端末iPadの発売を開始しました。画面の大きさや解像度の高さ、持ち運びの利便性から、電子書籍や動画閲覧、インターネット、メール機能を、場所を問わず利用できる点に大きな期待が寄せられています。また、民生用だけでなく、ビジネスにおいてもiPadの活用に期待が高まっています。

これまでPCメーカーが販売したタブレットPC(スレートPC)は、医療、流通、製造といったニッチなビジネス市場で主に受け入れられていましたが、iPadの参入でビジネス市場における活用用途も大きな変革を迎えています。

本レポートは、最新のiPad のビジネス活用における導入状況、費用対効果、市場規模を俯瞰することを目的としています。端末事業者、開発ベンダー、通信キャリア、SIer、ユーザー企業の皆様にご活用いただき、市場発展の一助としていただければ幸いです。


■■ 目次 ■■

I.総括
1.iPad業務用ビジネスの範囲
2.iPadのビジネス分野別活用事例一覧
3.iPad導入事例分析
4.取材企業まとめ
5.主要ビジネス分野別市場動向
6.タブレットPCの現状と今後

II.分野別活用事例
1.医療・薬品
(1) 医療
(2) 薬品
2.教育・文化施設
(1) iPod導入学校・施設
(2) 教育用ソフト
3.サービス業
(1) 美容サロン
(2) ウェディング
(3) 食品・レストラン
(4) 銀行・保険
(5) 葬儀業
4.その他
(1) 中古車販売
(2) 不動産
(3) 通販
(4) EC・実店舗同時展開
(5) シネマ

III.導入企業動向と市場動向
1.iPad導入企業動向まとめ
(1) 事業概要/参入動向/参入動機
(2) 戦略・ビジネスモデル/ユーザー動向/販売実績・市場規模
(3) 営業方針・販売戦略/課題と対策・今後の展望/その他
2.タブレットPCのビジネス分野別市場動向
(1) 有望市場動向
(2) 教育分野
(3) 医療分野
(4) 営業分野

IV.タブレットPC/iPadの製品動向
1.タブレットPCの動向
(1) タブレットPCの種類
(2) タブレットPCのOS
(3) アプリ
(4) 各社の取組状況
2.iPadの動向
(1) 製品概要
(2) 製品戦略
(3) 製品分析
   1) ディスプレイ
   2) マルチタッチ
   3) マルチタスク
   4) 通信回線
   5) センサー
   6) カメラ
   7) バッテリー
3.ソフト開発企業の動向
(1) アプリ開発支援
(2) コンテンツ配信
(3) 広告・マーケティング
(4) ビジネス支援

V.出版・メディアの動向
1.全体動向
2.書籍
3.雑誌・週刊誌
4.新聞社
5.テレビ局
6.コミック

VI.導入企業の動向
1.掲載企業一覧
2.導入企業の動向
<取材企業>
  (1) 朝日ネット
  (2) エムスリー
  (3) ガリバーインターナショナル
  (4) 名古屋文理大学
  (5) 日本オラクル
  (6) バンダイナムコゲームス
  (7) モーションポートレート
  (8) ユビキタスエンターテインメント
<参考個票>
  (9) 小学館
  (10) スカラ
  (11) スペクトラムビジョンズ
  (12) テクノツリー
  (13) 東京ケーブルネットワーク
  (14) むつ総合病院 
  (15) ノバレーゼ


■■ 商品詳細 ■■

商 品 名:iPadのビジネス活用事例と分野別市場動向
発 刊 日:2010年7月28日
調査・発行:株式会社シード・プランニング
販   売:株式会社クロス・マーケティング
判   型:A4 / 149ページ
頒   価:
      ■製本     147,000円(本体価格140,000円、消費税7,000円)
      ■製本+CD-ROM 177,000円(本体価格168,571円、消費税8,429円)
*別途送料500円
     

詳細URL:リンク

【お申し込み方法】
上記URLよりお申し込みください。


■■株式会社クロス・マーケティングについて■■

株式会社クロス・マーケティングは、国内130万人超の大規模モニターを軸に、生活者の「生」の声を主にインターネットを活用して収集するマーケティングリサーチ会社です。
生活者の嗜好の多様化や、商品サイクルの短期化に対応するため、ネットリサーチの優位性である「スピード」「コスト」に加え、「品質」を最大限に重視したリサーチサービスを展開しています。
調査企画から設計、実査、集計・分析レポートまで、マーケティングリサーチに関するあらゆるサービスをトータルにサポートいたします。


■■株式会社クロス・マーケティング会社概要■■

名称:株式会社クロス・マーケティング
本社所在地:東京都中央区銀座8丁目15番2号銀座COMビル6F
代表者:代表取締役社長 五十嵐 幹
設立:2003年4月
URL:リンク


■■本件に関するお問い合わせ先■■

株式会社クロス・マーケティング
担当部署:ライブラリビジネスグループ
     NS Shop 販売窓口担当
Tel:03-3549-1319
Fax:03-3549-0221
Mail:ns-info@cross-m.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。