logo

バイオマス発電の市場価値は2020年に530億ドルに

米国の市場調査会社パイクリサーチ社が出版レポート「バイオマス市場と技術の市場分析と予測:バイオマス発電、バイオ燃料、バイオ製品 - Biomass Markets and Technologies:
Biomass Energy Generation, Biofuels, and Bioproducts: Market Analysis and Forecasts 」のプレスリリースのおいて、米国のバイオマス発電の市場価値は、2010‐2020年に450億ドルから530億ドルへと成長するだろうとの予測結果を発表しました。

バイオマスはすでに再生可能エネルギー発電の大きな割合を占めており、バイオマス発電、バイオ燃料、バイオ製品の3つの主要セクターは、今後数年間も大きく成長し続けるだろう。バイオマスの調査や研究への多額の投資は継続し、今後10年間で商用化のペースも加速するだろう。米国の環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「バイオマス市場と技術の市場分析と予測:バイオマス発電、バイオ燃料、バイオ製品 ー Biomass Markets and Technologies:Biomass Energy Generation, Biofuels, and Bioproducts: Market Analysis and Forecasts」は、米国のバイオマス発電の市場価値は、2010‐2020年に450億ドルから530億ドルへと成長するだろうと報告している。


「バイオマスは、今後も再生エネルギーの大部分を占めるだろう。太陽や風などの新しい技術がなくとも、バイオマスは安価で信頼性の高い発電形式である。さらに、今後10年間でバイオ燃料の利用が拡大し、プラスチックや化学製品などのバイオ製品も成長するだろう」とパイクリサーチ社の常務のClint Wheelock氏は語る。


バイオマスは、とうもろこし、麦、植物/森林資源、建築/産業廃棄物、農業/食品産業の廃棄物、陸上/水生のエネルギー用作物、都市廃棄物、肥料などの多くのものを原料とすることができる。発熱、交通用途の燃料、価格物質、プラスチックなど、バイオマスの用途は幅広い。バイオマス産業の発展は、その多くが政策や法令によって促進しており、各国政府は数年前の目標値に逆戻りしそうではあるものの、バイオマスはエネルギー政策の立法者にとって大きな焦点であり続けるだろうと、パイクリサーチ社は予測している。


この調査レポートは、バイオマス発電、バイオ燃料、プラスチックや化学製品などのバイオ製品などの世界のバイオマス市場を調査している。需要促進要因、技術、政策と法規制の分析と、世界の企業の外観、2035年までのバイオマスの主要なカテゴリーの定量分析と市場予測を記載している。


【調査レポート】
バイオマス市場と技術の市場分析と予測:バイオマス発電、バイオ燃料、バイオ製品
Biomass Markets and Technologies
Biomass Energy Generation, Biofuels, and Bioproducts: Market Analysis and Forecasts
リンク

◆米国市場調査会社 パイクリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。