logo

【レポート販売】「2010年版 アップルとライバル企業の分野別戦略と市場動向」

~iPod、iTunes Store、iPadに対抗する次世代端末とコンテンツは~

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐幹 東京都中央区)は、エレクトロニクス・ITと医薬・医療・バイオの2分野を中心に様々な調査を行っている株式会社シード・プランニング(代表取締役 梅田佳夫 東京都台東区)が提供する「2010年版 アップルとライバル企業の分野別戦略と市場動向」を販売開始しました。

詳細URL:http://shop.ns-research.jp/3/2/15791.html

報道関係者各位

平成22年8月16日
株式会社クロス・マーケティング
(東証マザーズ 3629)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「2010年版 アップルとライバル企業の分野別戦略と市場動向」を販売開始

 ~iPod、iTunes Store、iPadに対抗する次世代端末とコンテンツは~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐幹 東京都中央区)は、エレクトロニクス・ITと医薬・医療・バイオの2分野を中心に様々な調査を行っている株式会社シード・プランニング(代表取締役 梅田佳夫 東京都台東区)が提供する「2010年版 アップルとライバル企業の分野別戦略と市場動向」を販売開始しました。

詳細URL:リンク


■■ 資料概要 ■■

アップルとグーグル、マイクロソフト、ソニーなど主要15社の製品別(iPod、iPhone、iPad、AppleTV)の競合動向、商品動向、戦略、ビジネスモデルなど分野別市場動向を分析

◇各分野で競合するグーグル、ソニー、マイクロソフト等の対抗策は!
・Appleの「Mac」ハブ構想からのクラウドサービスへの戦略転換は!
・Appleの「ハード」「ソフト」「コンテンツ」の三位一体戦略の対抗策は!

◇iPod、iTunes Store、iPadに対抗する次世代端末とコンテンツは!
・iPodとソニー、スマートフォンでのアンドロイド、電子書籍の動き、OSの動向は!

◇音楽配信事業のノウハウと映像配信への展開時期、コンテンツは!
・Appleの携帯プレーヤーが米国シェアで7割、日本シェアで6割の理由は何か!
・スマートフォンOSの世界シェア、日本シェアは?/電子書籍リーダーのシェアは!

◇4製品6分野(携帯デジタルプレーヤー、スマートフォン、携帯ゲーム機、電子書籍・タブレットPC、IPTV)別の競合状況、市場動向、戦略分析!

◇アップルを取り巻く環境(オンラインストレージ、SaaS、ネットブック、クラウドコンピューティング等)

2010年4月に発売したiPadは80日間で販売台数が300万台を突破し、iPhone4も3日間で170万台を超えています。このようになぜアップルの製品は成功しているのか、またアップルとライバル企業(ソニー、グーグル、マイクロソフトなど)との関係を調査・分析した第2弾です。音楽配信から、電子書籍、映像配信、広告など、ますますアップルの存在感は増大しています。本調査はアップルの戦略と対抗する企業の動向を調査・分析し、分野別(スマートフォン/携帯音楽プレーヤー/タブレットPC/パソコンTV)を中心とする機器の業界動向、商品動向、市場規模動向、将来展望を把握するレポートです。
直販、ショップ営業等2万4千人。
(今回調査対象による)


■■ 目次 ■■

I.総括
1.調査対象とライバル企業動向
2.Appleのポジション
(1) 時価総額
(2) Appleの売上高推移
3.Appleの戦略分析
(1) Appleの4製品別戦略
(2) Appleの事業分野別動向
4.Appleとライバル企業の分野別今後の動向
5.分野別市場動向
(1) Appleの製品別実績
(2) Apple対抗6製品分野
(3) 音楽配信

II.Appleの動向
1.Appleの戦略
(1) Appleの事業推移
   1) Appleの企業価値
   2) Appleの売上高推移
   3) 製品別構成比推移
(2) Appleの事業戦略
   1) デジタルハブ構想
   2) 戦略の転換
   3) MobileMe
   4) 事業戦略
(3) Appleの事業
   1) Appleの事業分野
   2) Appleの製品一覧
2.製品動向
(1) iPod
   1) 製品概要
   2) 製品戦略
   3) 国内展開
(2) iPhone
   1) 製品概要
   2) 製品戦略
   3) 国内展開
(3) iPad
   1) 製品概要
   2) 製品戦略
   3) 国内展開
(4) Apple TV
   1) 製品概要
   2) 製品戦略
   3) 国内展開
   4) 新Apple TV

III.Appleとライバル企業
1.Apple対抗製品と企業
(1) Appleの製品分野
(2) Appleの対抗企業
2.携帯デジタルプレーヤー
(1) 米国の動向
   1) 音楽配信
   2) Microsoft
   3) 米国Sony
(2) 日本の動向
   1) 音楽配信
   2) ソニー
   3) 専業企業
   4) AV機器企業
   5) 大手家電企業
3.スマートフォン
(1) 全体動向
   1) スマートフォンの定義
   2) スマートフォン用OS
   3) アプリケーション
   4) マルチタッチ
(2) OS企業の動向
   1) Nokia
   2) Microsoft
   3) RIM
   4) Google
(3) メーカーの動向
   1) HTC
   2) シャープ
   3) ソニー・エリクソン
   4) 東芝
4.携帯ゲーム機・電子書籍
(1) 携帯ゲーム機
   1) 全体動向
   2) 任天堂
   3) SCE
   4) Microsoft
(2) 電子書籍
   1) 全体動向
   2) Amazon
   3) 米Sony
   4) Acer
5.タブレットPC・IPTV
(1) タブレットPC
   1) 全体動向
   2) HP
   3) Dell
   4) 東芝
   5) シャープ
(2) IPTV
   1) 全体動向
   2) ソニー
   3) 東芝
   4) パナソニック
   5) シャープ
   6) その他

IV.市場動向
1.Appleの製品別実績
(1) Appleの製品別実績(2009年)
(2) Appleのシェア(世界)
(3) Appleのシェア(日本)
(4) 世界・日本比較
2.携帯デジタルプレーヤー
(1) 世界市場規模推移
(2) 日本市場規模推移
(3) メーカーシェア(米国・日本)
3.スマートフォン
(1) 世界市場規模推移
(2) 日本市場規模推移
(3) 世界シェア(メーカー・OS)
(4) 日本シェア(メーカー・OS)
4.携帯ゲーム機
5.電子書籍リーダー
(1) 市場規模推移(米国)
(2) メーカーシェア(米国)
6.タブレットPC
7.IPTV
8.音楽配信
(1) 世界市場
(2) PC・モバイル別市場(世界)
(3) 日本市場
(4) PC・モバイル別市場(日本)

V.企業動向
<携帯電話メーカー>
1.HTC Nippon
2.ノキア・ジャパン
3.リサーチ・イン・モーション・ジャパン
<パソコンメーカー>
4.日本エイサー
5.デル
6.日本ヒューレット・パッカード
<総合家電メーカー>
7.日本電気
8.パナソニック
9.シャープ
10.ソニー
11.東芝
<その他>
12.アマゾンジャパン
13.グーグル
14.マイクロソフト
15.任天堂


■■資料概要■■

資 料 名:2010年版 アップルとライバル企業の分野別戦略と市場動向
発 刊 日:2010年7月15日
調査・発行:株式会社シード・プランニング
販   売:株式会社クロス・マーケティング
判   型:A4 / 160ページ
頒   価:
      ■書籍版  189,000円(本体価格180,000円、消費税9,000円)
      *別途送料500円
      *資料ご購入の方にCD-ROM版を別途費用で販売致します。
       なお、CD-ROM版単独での販売予定はございません。
       ご希望場合、お問い合わせください。

詳細URL:リンク

【お申し込み方法】
上記URLよりお申し込みください。


■■株式会社クロス・マーケティングについて■■

株式会社クロス・マーケティングは、国内130万人超の大規模モニターを軸に、生活者の「生」の声を主にインターネットを活用して収集するマーケティングリサーチ会社です。
生活者の嗜好の多様化や、商品サイクルの短期化に対応するため、ネットリサーチの優位性である「スピード」「コスト」に加え、「品質」を最大限に重視したリサーチサービスを展開しています。
調査企画から設計、実査、集計・分析レポートまで、マーケティングリサーチに関するあらゆるサービスをトータルにサポートいたします。


■■株式会社クロス・マーケティング会社概要■■

名称:株式会社クロス・マーケティング
本社所在地:東京都中央区銀座8丁目15番2号銀座COMビル6F
代表者:代表取締役社長 五十嵐 幹
設立:2003年4月
URL:リンク


■■本件に関するお問い合わせ先■■

株式会社クロス・マーケティング
担当部署:ライブラリビジネスグループ
       NS-Shop 販売窓口担当
Tel:03-3549-1319 
Fax:03-3549-0221 
Mail:ns-info@cross-m.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。