logo

G Dataがウイルス検出テスト、33ヶ月連続1位を記録

146万種のマルウェア検体に対し99.16%の検出でトップに

ドイツの第三者機関AV-TESTによるウイルス検出テストにて、G Dataは33ヶ月連続で、1位を獲得。

G Data Software株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:Jag 山本)の主力製品「G Dataアンチウイルス」は、2007年11月以来、毎月実施されてきたAV-TESTによるウイルス検出率テストにおいて、7月期も1位を獲得し、「33ヶ月連続1位」という結果となりました。

テスト実施機関: AV-TEST.org
テスト日:    2010年7月28日
テスト対象:   国内でよく知られているウイルス対策ソフト10製品
         (うち、MicrosoftとAVGは無料版)

マルウェア総数: 1,460,740
(検体の内訳)
 バックドア:   179,931
 ボット:      77,682
 トロイの木馬: 936,463
 狭義のウイルス: 53,719
 ワーム:     212,945

順位 ベンダー    検出数     検出率
#1 G Data     1,448,540  99.16%
#2 McAfee     1,445,750  98.97%
#3 Symantec   1,441,632  98.69%
#4 K7 Computing 1,410,845  96.58%
#5 Eset Nod32  1,397,554  95.67%
#6 Microsoft    1,394,433  95.46%
#7 AVG        1,391,384  95.25%
#8 Kaspersky    1,388,254  95.04%
#9 Trend Micro  1,377,795  94.32%
#10 Rising      1,276,364  87.38%


PS 中国の第三者機関PCセキュリティラボ(リンク)の最新テスト(7月)において、G Dataは、五つ星評価を獲得した模様です。詳細が分かりましたら、後日発表します。


25周年を迎えるジーデータソフトウェア
G Data Softwareは、1985年に創業し、1987年に世界最初の個人向けウイルス対策ソフトを発売した、ドイツのセキュリティソフトウェア会社です。EUを中心に、個人向け・法人向け製品を展開しています。日本法人は2007年に設立しました。最大の特徴は、ダブルエンジンによる世界最高位のウイルス検出率です。また、新種や未知ウイルスへの防御、フィッシング対策、迷惑メールへの外国語フィルターなど、インターネットやメール環境を安全・快適にする機能を豊富に搭載しています。

*本リリースに記載されている各種名称、会社名、商品名などは各社の商標または登録商標です。

【本リリースに関する問合せ先】 
G Data Software株式会社 
101-0042 東京都千代田区神田東松下町48 ヤマダビル6F
窓口: 瀧本往人 
E-mail: gdata_japan_info@gdatasoftware.com 
URL: リンク

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。