logo

ヤクルト本社導入事例を発表。 工場、支店を含む全社3000台にセキュリティプラットフォームを導入

ファイル暗号化とログの取得で情報セキュリティを強化

ハミングヘッズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:大江尚之)は、株式会社ヤクルト本社様(以下ヤクルト本社)における情報漏洩対策ソフト「セキュリティプラットフォーム(以下SeP)」導入事例を発表します。

ヤクルト本社では商品開発にかかわる機密性の高い情報を守りたいという思いから、情報セキュリティ対策を検討し、約3000台のPCにSePを導入。ファイル暗号化とログ取得を実施し、システムとモラルの両面からセキュリティ強化を実現しました。

 ヤクルト本社 情報システム部 部長 田原健次氏は、選定のポイントとして、ファイル暗号化と操作ログの取得を1つのツールで運用管理できる点を評価。また、「SePは、企業のセキュリティポリシーや実現したい機能をミニマム構成で選択でき、段階的に機能を増やすことが可能です。実現したいことと製品の機能が合致し、それに見合った投資ができるという点が非常に良かった」と語っています。
 また、同社 情報システム部 主事 吉田智氏は、「情報セキュリティ対策は、作業効率と反比例することもありますが、SePは従来の作業から大きく変化することなく作業効率を下げずに運用できている」とコメント。
 
今後の取り組みとして、吉田氏は、「社内のセキュリティレベルを上げながら、状況を見て段階的にツールの統合化や拡張を検討したい」としています。

用語解説

<セキュリティプラットフォームについて>
ハミングヘッズ独自開発の情報漏洩対策ソフト「セキュリティプラットフォーム」は、ユーザに意識させない自動暗号化による「防止機能」と、PCのあらゆる操作履歴を取得する「履歴機能」をあわせもつ統合型セキュリティソリューションです。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。