logo

フェムトセル 2010年

オペレータ、接続ポイント、チップセット市場の分析

2010年は、ボーダフォンやAT&Tがフェムトセルサービスをスタートさせ、オペレータが明確な意思を示した年となった。世界中で、フェムトセルサービスの商用化は13以上となり、多くのオペレータがこれに関与している。UMTS、CDMA、WIMAX、LTEなどのフェムトセルの技術自体は、標準化されている。よりオープンなプラグアンドプレイ (Plug and Play、PnP) のベンダー環境を促進するための相互運用性のテストイベント(プラグフェスト)も催されている。フェムトセルのバリューチェーンは成熟してきており、確立したよく知られるベンダーや新規企業が、この成長する市場でシェアを獲得しようとして競っている。市場が拡大する一方で、気になるのは「市場はどこへ向かうのか」ということであり、今後5年間のフェムトセル市場の概観はいかなるものであるかという点である。この調査レポートは、Wi-Fi対フェムトセル、消費者向けのフェムトセル、企業向けのフェムトセル、大都市圏のフェムトセル、ネットワークオフロード、LTEフェムトセル、フェムトセルのバリューチェーンの変化、フェムトセルのマスマーケット化へのハードルなどの、2010年のフェムトセル市場の最新の課題をとりあげている。フェムトセルの接続ポイントベンダ、オペレータ、チップセットプロバイダなどの分析と、フェムトセル技術の市場のシナリオ予測も提供している。

【調査レポート】
フェムトセル 2010年:オペレータ、接続ポイント、チップセット市場の分析
Femtocells 2010
Operator, Access Point and Chipset Market Analysis
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。