logo

坂本龍馬ファンの間で話題の漫画『新説!さかもっちゃん』(著・柳内大樹、発行・集英社)について語り合う座談会を、7月22日(木)21時からUstreamで生放送!

株式会社 集英社 2010年07月22日 14時00分
From DreamNews

「週刊ヤングジャンプ」に連載中の、柳内大樹氏の漫画『新説!さかもっちゃん』(著・柳内大樹 、発行・集英社)についてアツく語り合う座談会を、7月22日(木)21時からUstreamで生放送します。『新説!さかもっちゃん』は、コミックスの累計発行部数が760万部を超える熱い不良喧嘩漫画「ギャングキング」の作者・柳内大樹氏の最新作です。
【Ustream生放送 概要】
柳内大樹氏の漫画『新説!さかもっちゃん』は「週刊ヤングジャンプ」に連載中の、坂本龍馬を主人公にした作品です。

ギャグとシリアスを織り交ぜ、「新説!」の名に違わぬ新しい坂本龍馬を描くという実験的要素を多く含むため、当初から坂本龍馬ファンの間で物議を醸した『新説!さかもっちゃん』。この問題作について語り合う座談会を、坂本龍馬に精通する3名に出席していただきUstreamで生放送いたします。


・日時:7月22日(木)21:00~22:00(予定)

・場所:Ustream studio SHIBUYA

・配信方法:Ustreamサイトにて生放送で配信(リンク

・出演者:主婦の友社 期間限定雑誌『RYOMA』編集長・坂本龍馬氏、龍馬街道実行委員会・吉冨慎作氏、歴史アイドル・美甘子氏


【愛蔵版コミックス『新説!さかもっちゃん』】
コミックスの累計発行部数が760万部を超える不良喧嘩漫画『ギャングキング』の作者・柳内大樹氏の、「週刊ヤングジャンプ」に連載中の最新作。少年時代から深く龍馬を愛する柳内氏が、斬新なアイデアと漫画技法をもとに4コマ漫画とリアルな絵を自在に使い分け、新しい龍馬を描いた作品。「新説!」の名に違わぬ新しい龍馬を"ゆる~く""楽しく""格好よく"描き、ギャグ漫画とシリアス漫画が入り乱れた実験的な要素も含む。


●『新説!さかもっちゃん』特設ページ(Web YOUNG JUMP内)
リンク

愛蔵版コミックス『新説!さかもっちゃん』1巻
●著 者:柳内大樹
●発売日:2010年7月16日(金)
●定 価:780円(税込)
●判 型:A5判


【柳内大樹(やなうち・だいじゅ) プロフィール】
1975年生まれ。 富山県出身。「ヤングマガジンエグザクタ」(講談社)にて、『別天地』でデビュー。その後、代表作『ギャングキング』を「ヤングキング」(少年画報社)にて連載。現在、『ギャングキング』は少年画報社より19巻まで発売されており、コミックスの累計発行部数が760万部を超える大人気作品となっている。
幼少期からの坂本龍馬好きで、17歳のときに父から命じられた「10万円使い切るまで帰ってくるな旅行」では迷わず 高知行きを決行。あこがれの龍馬(像)に会い、いつの日か漫画化することを決意。2010年1月、「週刊ヤングジャンプ」にて『新説!さかもっちゃん』の連載を開始し現在も同誌にて連載中。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。