logo

大分銀行、顧客データベースの全面更改にTeradataとSASを採用

大分銀行、顧客データベースの全面更改にTeradataとSASを採用
-Teradataデータベースと検索・分析ツールAccessNavigatorWeb、SASのマーケティング支援ソリューションを導入し、マーケティング活動を高度化-


日本テラデータ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:吉川幸彦、以下日本テラデータ)とSAS Institute Japan株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉田仁志、以下SAS)は、株式会社大分銀行(本社:大分県大分市、取締役頭取:姫野昌治、以下大分銀行)の新しい顧客管理データベース基盤をTeradataデータウェアハウス(DWH)を使って構築し、全面的に更改します。またシステム更改に合わせて、テラデータの検索用BIツール「AccessNavigatorWeb(アクセスナビゲータ・ウェブ)」とのマーケティング支援ソリューション「SAS(R) Marketing Automation(マーケティング・オートメーション)」を導入し、顧客データを活用したマーケティング活動の充実を図ります。新システムは2010年12月から稼動する予定です。

大分銀行では、2000年より「Teradata Server 4800」を導入して顧客管理を行ってきましたが、効率的な顧客ニーズの把握と施策の精度向上を目的として、今回「Teradata Active Enterprise Data Warehouse 5555C」の導入を決定しました。現行プログラムなどの既存資産をそのまま活用できるため、現行業務を止めることなく低コストで最新の環境へスムーズに移行できるほか、移行に伴うトラブルの発生リスクを最小限に抑えることができます。新システムでは、従来に比べデータ容量が約6倍、処理速度が約3倍になり、過去10年分の蓄積を含めた大量データの深い分析が可能になるほか、パフォーマンスが大幅に向上します。大分銀行では、新システムの導入によって、より詳細な分析による顧客ニーズの把握およびそれに基づく効率的なキャンペーン管理を実現させ、顧客に対する適切なタイミングでの適切な提案を実施していきます。

また、クライアントへの専用ソフトのインストールが不要なWebベースの非定型検索・分析BIツールAccessNavigatorWebを新たに導入し、行内における利用者層やデータの活用用途を拡大します。AccessNavigatorWebでは、月額残高の抽出などについてあらかじめテンプレートを作成しておけば、店番や対象月を選ぶといった簡単な操作だけで簡易的な非定型検索を行うことが可能で、定型帳票の作成や定型検索業務の自動スケジュール設定機能なども提供されるため、データ分析の専門知識があるユーザーだけではなくデータ検索に慣れていないユーザーまで、スキルレベルや目的に応じたデータの活用が可能となります。

さらに、大分銀行では、SASのマーケティング支援ソリューションSAS Marketing Automationの採用により、Teradataに蓄積されたデータを活用して新たなマーケティング活動を展開する予定です。これにより、一部顧客に実施したアンケート結果から顧客をライフスタイル別に分類し、その分類ルールを全ての顧客に適用することで、それぞれの顧客のライフスタイルに合った最適な金融商品を提案できるようになります。また、TeradataとSAS Marketing Automationを連携させることで、高度な分析と効果的なキャンペーン管理が実現します。この新たな顧客管理基盤上では、ライフスタイル別顧客セグメントへのアプローチをより効果的に実施するためのイベント・ベースド・マーケティング(EBM)を行うことが可能となります。

大分銀行では、新システムの導入によって最新の顧客の行動やニーズに基づいたキャンペーンの企画と展開を行なうとともに、よりきめ細かい顧客サービスの実現を図っていく予定です。

以上



■Teradata Corporationについて
テラデータ・コーポレーション(NYSE: TDC)は、データウェアハウジング、データウェアハウス・アプライアンス、コンサルティング・サービス、および高度な企業向け情報分析技術を提供する世界最大規模の企業です。テラデータは世界60カ国以上でビジネスを展開しています。リンク
■日本テラデータについて
日本テラデータ株式会社はテラデータ・コーポレーションの日本法人です。データベース・ソフトウェアおよび関連製品を中心に、ハードウェア・プラットフォーム、データウェアハウスに関するコンサルティング、構築支援、教育、メンテナンスサポートなど各種サービスを提供しています。 リンク

■ SAS Institute Inc.について
SASは、ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーであり、ビジネス・インテリジェンス市場においては最大の独立系ベンダーです。SASは、高度な分析と将来予測を実現するフレームワークにもとづき、顧客企業の45,000以上のサイトに革新的なソリューションを提供しています。複雑な経営課題を解決するビジネス・ソリューションによって迅速で正確な意思決定を実現することで、顧客のパフォーマンス向上と価値の創出を支援します。1976年の設立以来、「The Power to Know(R)(知る力)」を世界各地の顧客に提供し続けています。本社:米国ノースカロライナ州キャリー、社員数:Worldwide約1万名、日本法人 約210名(リンク

*Teradata は、米国テラデータ・コーポレーションの米国およびその他各国における商標または登録商標です。
*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。