logo

ソフトウエア無線のマルチスタンダード基地局

ソフトウエア無線のベースバンドとRF技術

オペレータは、マルチスタンダード基地局によって、2G、3G、4Gなどの複数のアクセス技術をひとつの基地局プラットホームで利用することができる。ソフトウェア無線(SDR)技術は、再構築可能なベースバンドやラジオヘッドによって、柔軟性やアップグレードが容易であり、複数の規格の利用可能なマルチスタンダード基地局の主要なイネーブラである。マルチスタンダード基地局の利点は、基地局のプラットフォームを更新するだけで、バックホールの統合などのOPEXの効率化や、消費電力やサイトのレンタルコストの削減ができることである。また、マルチスタンダード基地局が最先端の備品を利用しているという性能上の利点もある。
マルチスタンダード基地局のたいへん重要な利点は、与えられたスペクトル幅で複数の技術を運用できる点にある。スペクトル幅の再割当は、オペレータが利用されていない帯域幅を活用して2Gから3Gへ、3Gから4Gへと移行する際の、マルチスタンダード基地局の主要な促進要因であるようだ。900 MHz GSM/UMTSは、マルチスタンダード基地局活用の好例である。
この調査レポートは、マルチスタンダード基地局の市場の主要ベンダを調査し、技術のポートフォリオ、促進要因と阻害要因、技術的な利点と課題、ビジネスチャンスを記載している。

【調査レポート】
ソフトウエア無線のマルチスタンダード基地局:ソフトウエア無線のベースバンドとRF技術
Software Defined Multi-standard Base Stations
Baseband and RF Technologies for Software Defined Radio
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。