logo

eラーニング『Adobe Illustrator CS5』を動学.tvに公開

『Adobe Illustrator CS5』の使い方をeラーニングで解説。

コンピュータトレーニング教材制作、eラーニング向けコンテンツ制作のアテイン株式会社(本社:東京都千代田区神田須田町2-19-8酒井ビル、電話:03-3255-4721、代表取締役:本多成人、資本金:1億1470万円)は、オンラインコンテンツ配信サービス「動学.tv(http://dougaku.tv/)」に、新タイトル『誰でもわかる Adobe Illustrator CS5』(全3巻)を7月5日公開した。

『Adobe Illustrator CS5』(全3巻)は、これからDTP・WEBデザインの基礎を学び始める人を対象に、アドビ イラストレーター CS5の基本的な使い方を、映像で解説した教材である。
学習内容の一連の流れとしては、ワークスペースやマルチアートボードなどの画面構成の解説に始まり、描画ツールやオブジェクト操作、文字ツールの使い方といった一通りの操作方法に加え、実際のポストカードの作り方を詳しく解説。また、よりダイナミックなデザインを可能とする、強化されたブラシツールや遠近グリッドなどの新機能も学習する。

 Adobe Illustratorは古くからDTPデザイナー・DTPオペレーター御用達のアプリケーションだが、Adobe Flash(フラッシュ)やAdobe Photoshop(フォトショップ)などのAdobe製品と強い連携がとれるため、Webデザイナーにも幅広く愛用されている。どんなジャンルのデザイナー/クリエイターを目指す人達にとっても必須となるソフトなので、是非この機会に習得されてはいかがだろうか。

内容

Adobe Illustrator CS5 上巻  約77分
1.マルチアートボードとインターフェイス
スタートアップスクリーン
ドキュメントの新規作成
ワークスペース
ツールとコントロールパネル
マルチアートボードの操作
アートボードパネル
ファイルの保存
2.描画ツールとオブジェクトの操作
ベクターデータとビットマップデータ
拡大・縮小と移動
選択ツールとダイレクト選択ツール
基本的なベクターツールの利用方法
ペンツールとパスの操作
3.ブラシツール
ブラシツールと塗りブラシツール
絵筆ブラシ
アートブラシとブラシ伸縮オプション
4.線の設定
破線と矢印の設定
線幅ツール


Adobe Illustrator CS5 中巻  約62分
1.文字ツール
文字ツールの使い方
文字のアウトライン
ピクセルプレビュー/アンチエイリアス/ピクセルグリッドに整合
2.レイヤーとアピアランス
レイヤー
アピアランスパネル
3.オブジェクトの操作と描画
オブジェクトの重なりとグループ化
効率的なオブジェクトのコピー操作
パスファインダを使った複合シェイプの作成
シェイプ形成ツール
背面描画モードと内側描画モード
4.シンボル
シンボルの作成
シンボルの操作
Flash Professionalでシンボルの読み込み


Adobe Illustrator CS5 下巻  約69分
1.ポストカードの作成 - 印刷用ドキュメントの準備
新規ドキュメントとトリムマークの作成
2.ポストカードの作成 -ドキュメントの編集
写真の配置とクリッピングマスク
グラフィックスで飾り付け
文字の書式設定
オーバープリントと分版プレビュー
3.ライブトレースとライブペイント
ライブトレース
ライブペイント
Kulerとオブジェクトの再配色
4.遠近法を利用した描画
遠近グリッド
遠近グリッドを利用したアートワークの作成


---------- 「動学.tv」特長 ----------
■10年以上の実績を誇る「誰でもわかる」シリーズのノウハウを生かした効果的な学習
■インタラクティブ・コンテンツでは操作を実体験しながらの学習も可能
■オンデマンド配信なので、時間、場所に束縛されない
■Word・Excel・CAD・DTP・DTM・映像編集・開発言語・WEBコースからTOEIC(R) TEST、ビジネスマナーまで幅広い分野のコンテンツ
■ナレーターがテロップ入りで懇切丁寧に解説するので初心者でも安心
■自由にダウンロードできる復習に最適な演習ファイルを提供
■常に最新の情報を、最適な方法で提供
■講座数は約400
■1講座約60分前後なので400時間前後がインターネットで学び放題


このリリースに関するお問い合わせは下記まで
アテイン株式会社 担当:本多 info@attainj.co.jp
東京都千代田区神田須田町2-19-8酒井ビル

このプレスリリースの付帯情報

教材シーン画像

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

関連情報
http://dougaku.tv/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。