logo

グローバル危機の出口戦略に対し、緊縮策か刺激策かの議論が争点に

Washington, District of Columbia, July 5, 2010 - (JCN Newswire) - Alexander Mirtchev博士は、トロントG20サミットで中期的なグローバル需要の信頼性という中心課題があやふやなままだったために、刺激策か緊縮策かの選択がいまだに争点となっていると考えています。

Washington, District of Columbia, July 5, 2010 - (JCN Newswire) - Alexander Mirtchev博士は、トロントG20サミットで中期的なグローバル需要の信頼性という中心課題があやふやなままだったために、刺激策か緊縮策かの選択がいまだに争点となっていると考えています。


Krull Corp.会長のAlexander Mirtchev博士は、CNBCのインタビューで、公的債務不履行問題への懸念による悲観的予測の広がりや、米国の「雇用なき」景気回復、および毎日次々と起こる他の「悪いニュース」により、政策の違いが発生していると述べました。一連の方策は、ギリシャ、ポルトガル、スペイン、イタリアなど多くの経済圏で特に顕著な、さまざまな問題の広がりを解消することに焦点を当てています。他の方策は、国家による介入の早期「撤退」が、グローバル経済の回復に悪影響を与えないようにすることを中心課題に据えています。その結果、「緊縮vs.刺激」の論議はトロントでのG20サミットで最大の論点となり、それぞれのアプローチの提案者となる国のいわゆる「戦略的利益」や各国独自の政治的配慮をあぶりだす形となりました。


実際、Mirtchev氏は政策立案者たちに、現在の論議は、各国の危機に対する反応の違いを反映しているものであると、指摘しています。金融セクターが大打撃を受けた主要経済国は、銀行や資本市場救済を急いだ一方で、他の国は、福祉やセーフティーネットを支援し、一般消費の下支えのための公的資金を「自動安定化装置」として頼らざるを得ませんでした。そのため、出口戦略に関する議論は、政府が実際に撤退するとはどういうことかについて、軽視しがちであるという問題の、ギャップを埋める必要があります。撤退とは、米国では、資本市場のためのセーフティーネットの撤退を意味し、ヨーロッパでは社会保障制度の緊縮を意味します。どちらの方策も重要ですが、どちらも、以前の状態へ戻すという信念以上の、具体的な回復戦略を示すことができずにいます。中国の経済モデルや、アジアでの需要継続予測についての議論も、問題の起きている地域の製品やサービスの将来需要という課題を解決しうる可能性があることから、G20の議論の中心課題となりました。Mirtchev博士は「最終的には、出口戦略は政府が達成したい目標を示すものとなり、他の多くの方策よりも市場の信頼を向上するものとなるでしょう」と述べています。


Alexander Mirtchev博士の写真の表示は、次のリンクをご覧ください。
リンク


お問い合わせ先
Etar Ltd
Tel: +44 (0)20 8455 0597
URL: www.etar.co.uk

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。