logo

Openet社、無線ネットワークのボトルネック解消のため、RAN Congestionソリューションを提供

Dublin, Ireland, July 2, 2010 - (JCN Newswire) - 世界の革新的な大手ネットワークサービス事業者向けにTransactional Intelligenceを提供する加入者最適化ソフトウェアの大手プロバイダ、Openet社は、Radio Access Network (RAN) Congestionソリューションを、本日発表しました。

Dublin, Ireland, July 2, 2010 - (JCN Newswire) - 世界の革新的な大手ネットワークサービス事業者向けにTransactional Intelligenceを提供する加入者最適化ソフトウェアの大手プロバイダ、Openet社は、Radio Access Network (RAN) Congestionソリューションを、本日発表しました。Openet社のFusionWorks(TM) Policy Manager製品でサポートされているRAN Congestionソリューションは、通信事業者が加入者エクスペリエンス向上のためにリアルタイムトラフィック管理を決定できるように、実績あるネットワーク混雑予測技術活用に必要なポリシーを提供します。


無線通信事業者は、サービスとパフォーマンスの最適化のために、加入者エクスペリエンスの管理を、ますます必要としています。継続的に容量を増やしても、通常、加入者は利用可能な回線容量を消費するように行動を変えていきますので、現在の問題には対応できません。その結果、通信事業者は、無線ネットワークからIPネットワークへのデータ伝送ボトルネックの管理を必要としています。ユーザーのトラフィックプロファイルや利用パターンは常に変化していますので、このようなデータプレーンのボトルネック管理の問題は、解決が困難です。


Openet社のRAN Congestionソリューションでは、ネットワーク予測と、キーポリシー管理機能を、合わせて提供しています。この機能により、通信事業者は、混雑しているエリアでも品質の高いエクスペリエンスを確保するため、加入者への適切なリソース割り当てを決定できます。このような先を見越したアプローチにより、通信事業者は、加入者側のパフォーマンス問題の影響を、起きる前に軽減します。Openet社の業界をリードするPolicy Manager製品により実現するRAN Congestionは、ネットワークパフォーマンスのネットワーク最適化のために、トポロジー認識と先進的な予測機能を増大します。


「モバイルデータ需要は継続的に増加していますので、無線通信事業者は、ネットワーク混雑を回避するという課題に直面しています。」と、Openet社CMOのMike Manzoは述べました。「Openet社のRAN Congestionソリューションは、実績あるPolicy Manager製品を使用したトラフィック予測とリアルタイムトラブルシューティングを通じて、先を見越した無線ネットワーク管理を提供しています。これにより、通信事業者は、収益を生みだすトランザクションを優先しつつ、すべての加入者のエクスペリエンス品質を向上し、すべての人にとってのメリットを実現します。」


Openet RAN Congestionソリューションについての詳しい情報は、次をご参照ください。
リンク


Openetについて
Openet社は、イベント処理およびトランザクション管理ソリューションの世界的大手プロバイダです。同社ソリューションのTransactional Intelligenceは、様々なサービスプロバイダのネットワークからより多くの付加価値を引き出し、新サービスの導入を速めたり、既存サービス管理の信頼性とコスト効率を高めたりすることができます。Openetは、クラス最高のネットワーク・エッジ・ソリューションの提供に注力しており、ネットワーク活動からビジネスバリューを創出するエンゲージメント処理に特化しています。グローバル企業Openetの実装実績には、BT社・Orange社・AT&T社・Verizon Wireless社などの世界大手サービスプロバイダと、長期エンゲージメントなどがあります。詳しい情報は www.openet.com をご覧ください。


お問い合わせ先:
Andrea Kavanagh
Openet社
Tel: +353 1 629 6456
Email: Andrea.Kavanagh@openet.com


Megan Lane
SHIFT Communications
Tel: (617) 779-1854
Email: mlane@shiftcomm.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。