logo

半数近くが妻に“財布の紐”を握られている! おこづかいは年収の1割未満、と他国より寂しい日本男性の懐事情

~日、中、米、英、伊 5ヵ国の「男性の消費」に関する調査~

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区 代表取締役社長:五十嵐 幹)では、30~69歳の男性を対象に、国際比較を交えながら個人の消費行動の現状やパターンを把握することを目的とした「男性の消費」に関する調査を実施しました。

<調査背景・目的>

近年、政府主導でワーク・ライフ・バランスが推進されるなど、女性の労働環境が以前より整備され「夫婦共働き」が増加傾向にあると言われています。
女性が稼いで消費することに対して関心が寄せられる一方で、男性といえば家事や育児参加のみに社会的関心が集まり、男性が個人として「消費活動」を行うことに、これまであまり関心が払われませんでした。
これらの状況を背景に、本調査では、妻と同居している男性の消費行動にスポットをあて、国際比較も交えながら個人の消費行動の現状やパターンを明らかにします。



<調査結果の概要>

①収入の管理
 ・日本男性の半数近くが妻に“財布の紐”を握られている。 (図1)
 ・年収に占めるおこづかいの比率も、日本男性は年収の1割未満、と他国より寂しい懐事情。

②おこづかいの使いかた
 ・日本男性は「外食費」「交際費」「書籍代」が中心。他国ではファッションやコンサートも含めて多種多様。(図2)

③おこづかいが増えたら行いたいこと
 ・各国とも配偶者や家族との「旅行」や「プレゼント」が上位。日本男性は自分の為に使いたい傾向が、他国よりも高い。 

※調査結果の詳細はこちら
リンク


<調査概要>
調査手法  :インターネットリサーチ
         【国内調査】クロス・マーケティング アンケートモニター使用
         【海外調査】リサーチ・ナウ アンケートモニター使用
調査対象  :30~69歳の男性
調査地域  :日本(1都3県)
        中国(北京/上海/香港)・アメリカ(ニューヨーク)・イギリス(ロンドン)・イタリア(ローマ/ミラノ)            
調査期間  :【国内調査】2010年 5月 7日(月)~ 2010年 5月 9日(水)
         【海外調査】2010年 5月 7日(月)~ 2010年 5月17日(月)
有効回答数 :2,058サンプル



【会社概要】
会社名 :株式会社クロス・マーケティング リンク
所在地 :東京都中央区銀座8-15-2 銀座COMビル6F
設立  :2003年4月1日
公開市場:東証マザーズ(証券コード:3629)
代表者 :代表取締役社長 五十嵐 幹
事業内容:マーケティング・リサーチ事業

■本件に関するお問合せ先■
株式会社クロス・マーケティング  担当 大島(おおしま)
TEL : 03-3549-0230 FAX : 03-3549-0221 E-mail : pr-cm@cross-m.co.jp

■引用・転載時のクレジット表記のお願い■
本リリースの引用・転載時には、必ず当社のクレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事