logo

一橋大学の学生に「オデッセイコミュニケーションズ奨学金」を設立

社会貢献活動の一環として若者の育成を図る



250万人が受験しているマイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)試験を実施・運営する株式会社オデッセイ コミュニケーションズ(東京都千代田区、代表取締役社長:出張勝也)は、代表の出張(でばり)の母校である一橋大学の学生を対象とした奨学金制度を設立し、毎年5名の学生に奨学金を提供することになりました。

6月22日に一橋大学で開催された「オデッセイコミュニケーションズ奨学金」授与式で、杉山武彦一橋大学学長より当日出席した4名の学生(1名欠席)に奨学生証書が授与されました。奨学金は1年間支給されます。

本奨学金は、株式会社オデッセイ コミュニケーションズの社会貢献活動の一環として、一橋大学の学生を対象に、経済的負担を軽減し学業に専念できる環境を提供することによって若者の育成を図ることを目的としています。

■ 株式会社オデッセイ コミュニケーションズについて
「すべての人々へITを」を掲げ、マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)試験をはじめ、IC3試験、VBAエキスパート試験といった各種IT資格試験の実施・運営を行っています。その他、ITスキルの向上をサポートするアオテン(aoten)やモーグ(moug)といったウェブサイトを運営しています。
リンク

■ マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)試験について
ワード、エクセル、パワーポイントなどのMicrosoft(R) Office製品の利用スキルを証明する資格試験です。日本では1997年6月に開始し、2010年2月には国内累計受験者数が250万人を突破しました。現在、日本を含め200以上の国と地域で実施されている国際資格です。

試験は全てパソコンを使った実技試験で、要求された操作をどれだけ確実に行えるかを判定します。合否の結果は、試験終了後に画面上ですぐに確認することができ、取得したその日から履歴書に記入し、自分のスキルを証明することができます。

業界や職種を問わずワードやエクセルを使いこなすスキルは“仕事に役立つ実務能力”として企業で評価され、社員教育の一環でMOS試験を採用する企業も増えています。一方、履歴書に書ける資格として、学生や再就職を目指す方の取得も増えています。

MOS試験について詳しくは公式サイトをご覧ください。
リンク

■ IC3試験について
コンピュータとインターネットに関する資格試験です。パソコンのトラブル対応、ワード・エクセル・パワーポイントを効率よく使いこなすスキル、情報モラルやセキュリティの知識など、仕事や日常で役立つ実践力が身につきます。

IC3試験について詳しくは公式サイトをご覧ください。
リンク

■ VBAエキスパート試験について
Microsoft Officeアプリケーションのエクセルやアクセスに搭載されているマクロ機能やVBAのプログラミングスキルを証明する資格試験です。

取得によって、「プログラミング能力」を客観的に証明できるだけでなく、膨大なデータ処理やルーティンワークに費やしていた時間を短縮化でき、より高度な業務をこなせる実務力が身につきます。また、個人やチームの事務作業の効率化、企業における生産性の向上につながります。

VBAエキスパート試験について詳しくは公式サイトをご覧ください。
リンク

■ 本件に関するお問い合せ
株式会社オデッセイ コミュニケーションズ
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル
TEL. 03-5293-1881
(受付時間 土日・祝日を除く 10:00~18:00)
Eメール mail@odyssey-com.co.jp

※ MOS:マイクロソフト オフィス スペシャリスト(Microsoft Office Specialist)
※ Microsoftは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
※ 日本でのIC3の実施・運営は株式会社オデッセイ コミュニケーションズが行っています。
※ VBAエキスパートの試験の実施・運営・認定は、株式会社オデッセイ コミュニケーションズが行っています。
※ VBAエキスパートは、株式会社オデッセイ コミュニケーションズの登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事