logo

マイケル・ジャクソンについての革新的ドキュメンタリー「Gone Too Soon」で、著名な作家兼監督がスターの謎の死に光を当てる

London, June 28, 2010 - (JCN Newswire) - 6月25日は、マイケル・ジャクソン氏が亡くなってちょうど一年に当たり、世界中のファンが彼の死を悼みましたが、2009年にニューヨークタイムズのベストセラー書籍ランキングで第1位を獲得した「マイケル・ジャクソン 仮面の真実」の著者イアン・ハルパリンは、ポップの帝王の突然の謎の死について描かれた非公式ドキュメンタリーの中では、もっとも革新的な「Gone Too Soon」をリリースしました。

London, June 28, 2010 - (JCN Newswire) - 6月25日は、マイケル・ジャクソン氏が亡くなってちょうど一年に当たり、世界中のファンが彼の死を悼みましたが、2009年にニューヨークタイムズのベストセラー書籍ランキングで第1位を獲得した「マイケル・ジャクソン 仮面の真実」の著者イアン・ハルパリンは、ポップの帝王の突然の謎の死について描かれた非公式ドキュメンタリーの中では、もっとも革新的な「Gone Too Soon」をリリースしました。


Gone Too Soonの中でハルパリンは、ジャクソン氏のキャンプに潜入し、マイケル・ジャクソン氏や、スターのもっとも信頼の厚い友人や使用人などについて、前代未聞の300時間以上に及ぶの未公開または未リリースのビデオ映像やオーディオ・クリップを、彼の生前および死後に撮影しました。


ハルパリンはマイケル・ジャクソン氏の死を、その6ヶ月前から予見していました。ジャクソン氏に関する調査に5年以上も費やし、その間に彼は、ジャクソン氏の最後の数年間についての新たな角度から考えるきっかけとなるような、また、実際に何が起きたかについて、生き生きとした舞台裏事情を初めて世間に問いかけるような、注目すべき知られざるストーリーを発見しました。


現在、ノーカット版ドキュメンタリーは、オンラインで リンク から視聴できます。


ドキュメンタリーの予告編は www.youtube.com/watch?v=wjkzvyq4yxE から視聴できます。


イアン・ハルパリンについて
イアン・ハルパリンは、カナダのケベック州モントリオール出身の調査ジャーナリストで作家です。彼の著書「マイケル・ジャクソン 仮面の真実」は2009年7月24日にニューヨークタイムズのベストセラー本リストで第1位を獲得しました。イアンは、「Celine Dion: Behind the Fairytale」、「Fire and Rain: The James Taylor Story」、「Hollywood Undercover」の著者です。「誰がカート・コバーンを殺したか? 」と「Love and Death: The Murder of Kurt Cobain」では、マックス・ウォリスと共同執筆をしています。ハルパリンは、「60 Minutes II」にも投稿しており、Court TVのレギュラーレポーターです。


お問い合わせ先:
GONE TOO SOON
Email: Gonetoosoonmj@gmail.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事