logo

セシオス、Shibbolethを使ったシングルサインオン導入サービスを開始

株式会社セシオス(代表取締役 関口薫)は、オープンソースのシングルサインオンソフトウェアShibbolethの導入サービスを開始いたしました。
 

Shibbolethは、教育機関で多く利用されているSAMLを実装したオープンソースのシングルサインオンソフトウェアです。フェデレーションを構築することにより、クロスドメインのシングルサインオンやアクセス制御を行うことができます。

セシオスでは、Shibbolethの導入から保守まで一貫したサービスを提供いたします。
また、弊社シングルサインオン製品Secioss Access Manager EnterpriseもShibbolethに対応しており、ShibbolethのみではSAMLに対応したWebアプリケーションしかシングルサインオンすることができませんが、Secioss Access Manager Enterpriseと連携させることで、SAMLに未対応のWebアプリケーション含めて全てシングルサインオンを行うことが可能となります。
さらに、Secioss Access Manager Enterpriseの保守サービスには、Shibbolethが標準で含まれておりますので、Secioss Access Manager Enterpriseを導入頂いた場合は別途Shibbolethの保守費は必要ございません。

■Secioss Access Manager Enterprise について
・シングルサインオン
SAML認証やOpenID認証に対応しており、イントラネット上のWebアプリケーションからインターネット上のSaaSまで統合的なシングルサインオンが可能です。
・アクセス制御
グループ単位でのアクセス制御が設定可能です。
・パスワードポリシー
パスワードの文字数や使用文字、アカウントロックの条件などきめ細かなパスワードポリシーが簡単に設定可能です。
・多彩なユーザ認証方式
フォーム認証、ワンタイムパスワード認証、統合Windows認証、携帯端末個体識別認証に対応しています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事